銀行口座(通帳)を複数作る方法【資産運用のためのお金の管理法】

金タローです。

僕は基本的にインターネットを使ってお金を管理しています。直接お金を引き出しにいくという事は 数ヶ月に一回という程度のものです。 

銀行の口座(通帳)はいくつか持っていますか?

複数の口座を持っていると、それぞれの使用用途に分けて管理ができるので非常に便利ですよ。 例えば、投資用と普段の生活用の資金を分けておくとか。

でも二つの口座の銀行が異なると、自分のお金を移すだけでも手数料が必要になったりしますよね。 一つは郵貯でもう一つは三菱UFJ銀行のものだったりすると、インターネットで資金を移動するだけでも手数料がかかります。

数百円の手数料とは言えそれが年間で積み重なってくると、大きな額になってしまいます。 そこで今日お薦めするのは、同一の銀行で複数の口座を持つということです。

インターネットで無料で簡単に資金移動ができるので、 僕は三菱UFJ銀行の口座を同一名義で二つ作っています。法人でなく個人でも持つことが出来ますよ。

同一銀行同一名義で複数の口座を持つメリット

同一名義で複数の口座を開設し、ネットバンキングにログインすると、二種類の口座が扱えるようになっています。一つのIDでログインしてワンタイムパスワードの入力を行うこともなく二つの管理を行なえるようになるので、投資用と家計費用で分けるなど、非常に便利になります。

手間が省けて時間の節約にもなります。もちろん資金移動に手数料はかからないし、全体の金額も把握しやすいです。

ペイオフに注意

ペイオフとは金融機関が破綻した場合に、元本1,000万円と、その利息等を保証してくれるというものです。二つ口座を作ったからと言って、二倍の2,000万円まで守ってくれる訳ではありません。同一名義なので、全体で1,000万円までとなります。

管理する金額が多い人は、一つの銀行に1,000万円以上は預けず、資金を一点に集中させないようにしましょう。

同一銀行で口座を二つ作る方法【三菱UFJ銀行の場合】

UFJ

基本的にはNG

通常、同一人物が同一の銀行で複数の口座を持つことは出来ないことになっています。銀行側もヤミ金や架空請求、振り込め詐欺などの犯罪に使用されないようにするために、誰でも簡単に作れるようにはしていません(簡単に作れた時代もあったそうです)。

支店長の許可により作ることが出来る

複数口座の管理システムは既に存在しており、技術的に出来ないわけではないのです。そのため直接窓口に行き、支店長もしくはその裁量のある人の許可を得れば、持つことが出来るという訳です。別に自分が直接、上の方々とやりとりをする訳ではありません。窓口の行員では許可をだせないので、窓口で必要な理由を説明します。僕の場合は、きちんとした管理がしたいという目的を述べた上で、窓口の方が許可を貰いに行ってくれました。

許可が降りる基準は不明

誰にでも許可が出る訳では無いようです。ある程度の入金額が必要なのか、一つ目の口座の使用実績をみているのかどうかも不明です。僕は給料の振込などメインで使っています。支店によっても異なるのかどうか、判断基準はわかりませんが、チャレンジしてみてはどうでしょうか。

必要なもの

免許証(身分証明書)や印鑑が必要です。電話で確認しておいた方がよいかもしれません。

備考

関係があるかどうかはわかりませんが、一つ目と二つ目は違う店舗で作っています。特に深い理由はありません。

資産運用は守りの資金管理からはじまる

投資家がまず最初にやるべきことは、全体の資産から生活に必要な資金を把握してそれを守り管理することです。素早くお金もちになりたいからと言って、将来必要になるお金に手をつけてはいけません。

家族が増えてくると、投資資金や日々の生活のお金だけではなく、子供の将来の学費用や固形資産のメンテナンスのための費用など、様々なお金の管理を行なう必要がでてきます。一戸建てを購入すれば、10~15年後には外壁や屋根のメンテナンスのための費用がかかります。

メンテナンスのためには足場代も必要です。今乗っている車も永久に動いてくれる訳ではありません。子供が学校へ入学すれば、学費以外にも制服代や教材費で何十万円もすぐに飛んでいきます。

10年後に必要なお金、20年後に必要なお金、情報社会の今、それらを試算しておくことは簡単です。様々な人生の出費に備え、きちんと預金管理を行い、人生の荒波を乗り切りましょう。

それでは。

とーちゃんにまかせとけ!

働きたくない【不労所得年間100万円を達成した投資マインドはこちら】

仕事辞めたい【配当金生活を得て辛い仕事からサヨナラしよう】

銀行 資金移動を無料にするお薦め節約法【振込手数料を銀行に払うな】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください