鳥貴族の株価が下落中【値上げラッシュの各社対応】

金タローです。

給料明細を見てみると、年々税金が少しづづ上がっていることに気づきます。対して数年前まではデフレデフレと言われていましたが、最近は物価もどんどん上がっています。生活は非常に厳しくなっていきますね。今年の春も、様々な物の値上げが決まっています。

2019年3月~4月に値上げされる製品

赤城乳業のガリガリ君 10円~20円UP!

マルハニチロのさばの缶詰 20~60円UP!

ニチレイフーズのチャーハン 約10%UP!

コカ・コーラ1.5リットル 20円UP!

明治の乳製品 1.5~4.7%UP!

江崎グリコのプッチンプリン 10~27円UP!

数々の食品が物流費や原材料費の高騰を理由に値上げとなっています。かと言ってガソリン価格が下がって物流費が安くなったときにメーカーが値段を下げた所を見た事はありませんが。スーパーなどの末端の販売店はライバルの出方を見つつ徐々に価格に転嫁していくでしょう。

ステルス値上げに騙されるな

これまで多かったのは、値段を据え置いて容量を減らすという手法です。愛用者は直ぐに気付きますしネットの普及により直ぐにバレます。批判も多い手法なので各社、気を使ってはいるようです。

飲食店も続々と値上げ

『壱番屋』もポークカレーなどを21円の値上げしました。しかし、飲食業にとっての値上げは鬼門です。牛丼をメインとする『すき家』では、客離れを抑えるために定番メニューの並盛を据え置きにし、大盛・特盛を10円値上げするなどの工夫を行い、売上高は9ヶ月連続で前年を超えました。

鳥貴族は客離れ

鳥貴族の株価チャート

鳥貴族の株価チャート

値上対応に苦戦したのが『鳥貴族』です。2年前に人件費の高騰などを理由に看板商品を280円を298円(税別)にしたことで客離れが進み、売上高は13ヶ月連続で前年を下回りました。株価は下落し続けています。優待目的で3,000円代近辺で株を買ってしまった投資家は少々辛いところですね。鳥貴族の優待は100株で1,000円相当の食事券となっています。

終わりに

株式投資はインフレ対策になりますが、それは短期的な対抗策ではありません。ですが長期的に貨幣価値が下がっていくのであれば、投資をしている者と、していない者の差はいずれ目に見えてわかるようになるのではないでしょうか。これから先はアルバイトに人件費を大きく割り振らなければならなくなってきています。売上が同じなら原資は正社員の給料を減らすということから生みだすしかありません。例えばUSJがアルバイトの時給を30円あげるという発表がありましたが、30円とは言え全体で見れば2億円の人件費高騰になるんですよ。

それでは。

とーちゃんにまかせとけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください