ビジネススキル【中身で勝負したいならまずは外見を整えろ】

 

金タローです。

男は中身で勝負したい!っていう意見。確かにそうですね。外見をどれだけ着飾っても中身がダメなヤツっていますもんね。話をしてみると、うっすっ。何?何なの?ペラペラだなコイツ。口は達者なのに何も考えてないやん!みたいなね。

一塁に出ること

ファッション

でもね。その人は外見を着飾ったことで一塁には出たわけですね。世の中には一塁にすら出られずに終わっちゃう人が結構いるんですよ。

例えば僕は中小メーカーに勤めていますが、今までで世に送り出した製品の中にはトップメーカーを超える販売台数を叩きだしたものもある訳です。でも製品がバイヤーに気にしてもらえるかどうかは、まずはデザインなどで目を引くか、という所もあったりします。

男女関係においても同じことが言えますよね。どれほど心が優しく芯が強くたくましい素晴らしい男であったとしても、小汚い格好をしていたら女性には相手にしてもらえません。

最初から『中身を見て』なんて、図々しいにも程がありますよ。まずは戦闘服を着てバッターボックスに立つ事が必要なんです。営業マンには当たり前のことなんですけどね。職人系はね。

お金持ちも外見には気を使っている

お金持ちは外見を気にしない、なんて聞いたこともありますけど、それは相当に年齢を重ねた後ではないでしょうか。これは僕の偏見かもしれませんが。

ただ僕は人を外見では判断しない様にしています。人の価値を即断するのは間違いであり、誰にもできないと思っています。だから就職面接なんてクソだと思っているし(自分がたくさん落されたから恨んでいるだけかも)、人の価値を書類や数分の面接で見抜ける気になっている奴らにはヘドが出ますね。

とは言うものの、人材を確保するのにそれ程の時間をかけられない現実も理解していますから、人事部の仕事は大変だとも思います。偉そうに奢っている者が嫌いなだけです。

まとめ

で、僕がやっているのかと聞かれると、まぁ最低限のラインは守っている、くらいでしょうか。

言いたいことの本質は、人間の価値を決めるのは中身なんだけれども、対外的に戦うためには、最重要ではないポイントにも目を向けなければならない、ということです。投資においてもビジネスにおいても共通して言えることだと思います。

それでは。

とーちゃんにまかせとけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください