レジ袋の有料化は結局ゴミ袋を買うだけ【エコバッグで節約】

金タローです。

近年プラスチック材料による環境汚染が問題視される様になりました。海洋生物がプラスチックストローを飲み込み苦しんでいるとして急に悪者になってしまったプラスチックストロー。真の悪者はゴミを海に投げ捨てる人達なのに。既にプラスチックストローを禁止する民間企業も出てきています。プラスチック生産業者の売上高にも少なからず影響はあるでしょう。

そしてスーパーやコンビニ等で購入した商品を入れるために配布されるレジ袋。政府はレジ袋を完全に有料化する方針を示しています。既に大手小売のイオンなどでは有料となっていますが、この方策は誰を救うのでしょうか。

エコバッグを使ってレジ袋代を節約【貰える時はゴミ袋に】

エコバッグ

我が家では食料の買い出しの時は、エコバックを持参しています。既に有料化になっている店が多いからです。でも袋がもらえるスーパーもまだ多く存在しています。エコバッグを持っているからと言って、スーパーで配布されるレジ袋が必要でないかと言われるとそうではありません。もらった袋は完全に使いきっています。主な使い道はゴミ袋としてです。多くの家庭がゴミ袋として活用していると思います。

その他にも使い道はたくさんあります。透明で何が入っているかが外からわかる袋は、出張の時にも便利です。大きすぎない適度なサイズの袋の使用用途は、想像力により無限大に広がります。

コンビニの小袋もゴミ袋として使う

コンビニでもらう小さな袋もゴミ袋化します。おにぎりを買って食べれば、そのゴミを入れる袋が必要です。自宅や会社に持ち帰って食べる時はゴミ箱が既に存在するのでコンビニでもらう袋をゴミ袋にする必要はありませんが、出先や車内で食べるという事もありますからね。それに出先でバックを持っていない時にコンビニでおにぎりを三つ買って、袋無しに持ち帰れと言われると、これはかなり不便です。

但し車でドラッグストアなどに行き、食料ではない物を買ったりした場合で袋が要らないと感じた時は、ちゃんと『要りません』と答えていますよ。トイレットペーパーを入れる事が出来るほどの大きな袋は使い道が無い訳ではないけれど、遠慮してしまいます。

結局ゴミ袋は無くせないので買う

即ゴミ箱行きの小さな袋の分は削減できるかもしれませんが、それが全体としてどれだけの量になりどれ程の環境貢献を果たすのか試算を出しているのでしょうかね。欧州がやっているからとか、環境団体がうるさいから、だとしたら・・・。結局の所、耐水性のあるゴミ袋は必要です。スーパーでの配布が無くなれば、お金を出して買うだけです。

サイズにもよりますが、既に有料化を行っているレジで買えば、1枚3円~5円程度で売っています。毎日必要なものですから、年間で1,000円程度の負担になります。レジで購入せずに大量で一括購入すれば抑える事が出来るかもしれません。環境の為だと言われれば従うしかありません。

暗くなるなよ。元気を出せ

一つ一つの負担は小さいけれど、介護保険、医療保険、年金保険料、各種税金、税金、税金。書き出してみたら何十という負担を抱えているのでしょう。払わなければならないものは山の様にあります。一つ一つの金額は小さくとも(いや一つ一つがデカイ)それぞれが積み重なると大きな負担です。大丈夫、空を見あげて。涙がこぼれない様に。

身を切る改革で、身を切った人って誰でしたっけ?税金は努力では下がりません。保険、環境対応、税金に滅ぼされない様にするために、家族を守る知識と力を備えて下さい。

それでは。

金タロー一家、FIRE!

セミリタイア・アーリーリタイア完全ロードマップのトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください