金タローの脱サラ世界投資

脱サラを目指して高配当戦略(株、REIT、ETF、FX)で資産を運用中

子供の自制心を鍛える方法

一度きりの人生、誰しも辛いことを回避して楽に生きて行きたいものです。そのためには、良質な情報を得て使いこなすことが大切ですが、そういうものは向こうから勝手にやってくることはなく、こちらから動き求めていく必要があります。

ウマイ話には裏がある。タダより怖いものはない。 『一攫千金』 的な甘い話はあちこちに転がっており、一呼吸置いて冷静に考えて、悪質な情報は省いていかなければなりません。

しかし中には緻密に計画されたものもあり、巧みに用意された状況下では判断を鈍らせ、その罠を見抜けず飛びついた者は、骨の髄までしゃぶりつくされ再起不能な状態にまで追い込まれてしまいます。

弱肉強食の資本経済社会を生き抜くためには、正しい取捨選択を行う力が肝要であり、そのためには自制心の強さが求められます。

自制心を高めるということは、己を制御する精神力、すなわち自分の欲望や荒ぶる感情を抑え、冷静にコントロールすることで、衝突や危険を回避して身を守る能力を備えるということです。

精神の強さは学力とともに双璧を成し、子供のこれからの人生を豊かなものにしてくれるでしょう。

僕が4歳の息子を鍛えるために行なった、日々の生活の中の一コマを紹介したいと思います。

じゃーん!とーちゃんルパンカイザー買ってきたお!!

子供が5歳になるので、誕生日プレゼントは何がいいかと聞きくと、TV放送されている戦隊シリーズの『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に登場する合体ロボが欲しいと言いました。あまりホイホイものを買い与えるのもどうかと思いますが、誕生日までにドリルを終えることが出来たら好きなものを買うという約束をしていて、子供がちゃんとクリアして頑張ったので買ってあげました。

誕生日プレゼントを3日前に渡す。しかし、開封禁止!

特訓の始まりです。3日前にプレゼントを渡しました。目を輝かせて大声をあげて喜びました。すぐにでも箱を開けて遊びたいという気持ちが伝わってきます。残酷ですが開けさせません。我慢する力を育て、自制心を鍛えます。誕生日まで勝手に開けたら許さないよ。

2日前~前日は、箱を眺めていろいろと想像しているようでした。好きなだけ妄想するがいい。当日になると、今日の夜のパーティーで開けていいんだよね?と待ち遠しそうです。さぁあと少し。晩まで我慢だよ。

ルパンカイザー解禁

ルパンカイザー 夜の誕生日パーティーでついに解禁。子供は大喜びでした。説明書も読まずに自分でどんどん変形させて組み立てていきます。最近のおもちゃは凄いですね。音も出るし頑丈だし。ちょっと触らせてよ!

おわりに

一つの力が上がれば相乗的に他の力も増加します。能力の向上は日々の努力の積み重ねです。僕は弱小個人投資家の一人に過ぎませんが、息子には労働者階級として搾取される側ではなく、大投資家になってほしいと願っています。

それでは。
大きくなったらとーちゃんの面倒みろよ!