金タローの脱サラ世界投資

脱サラを目指して高配当戦略(株、REIT、ETF、FX)で資産を運用中

ポートフォリオ 【2018年10月】

金タローです。

12月末時点での金融商品合計金額を2700万円にすることを目標にしています。しかし、8月から50万円程度しか買増ししておらず、このペースでは間に合わないかもしれません。10月は買いという言葉も聞きますが、この調整レベルが終わりの始まりなんてこともなくはないので焦らず見守っています。

僕は基本は個別株で保有しているので、チェック銘柄の全てがインデックスと連動するとは限りません。結局のところ自分の欲しい銘柄の動きがどうか、という事なんですが、『今が買い』と感じることができていません。 何も考えず、ドルコスト平均法で機械的に買うという手法もありますが、やはり人の常。割安な時に掴みたいという思いが出てしまいます。

金融資産の状況

10月末のポートフォリオを更新しました。

ポートフォリオグラフ

金額〔万〕
日本株式 330
外国株式 1340
FX 480
REIT 60
ETF 10
投資信託 170

金融商品合計 2390万円

キャッシュポジションは含めていません。

新規購入と買増銘柄

9月と10月は、利回りの高くなってきた日本株の菊水化学工業やJTを新規に購入しました。外国株式はシーゲイトテクノロジーを新規購入。まだ下げ続けそうなので軽くエントリーした程度です。IBMとロイヤルダッチシェルの買い増しも行いました。これもまだ下げそうなので全力ではいっていません。JREITはいくつか指値を入れていましたが、一つも刺さりませんでした。

買収銘柄

保有するタイ株のグロウ・エネルギーが年末に買収される予定だと連絡が入りました。1株につき約96.5タイバーツが付与とあるので買った金額より大きくはありますが、非常に残念です。現金ではなく新会社の株に変えて欲しいところです。

僕は保有株がTOBされる時、応じれば2倍で買ってくれると言われても応募しないタイプです。資産の最大化を狙うのならば間違った行為ではあるのですが、損をしても面白いから保有しておきたいと思ってしまいます。

終わりに

トランプさんはどこまで中国とやりあう気なのでしょうか。経済戦争の株価への影響度合いを読むことはできません。マレーシアやインドネシアの株も中途半端に下げています。この機に乗じて割安になってきた中国株がないか調べたいのですが、なかなか時間がとれていません。

僕はブログの1記事に休みを1日ほとんど使ってしまったりと、まだまだ効率が悪いです。来月は仕事で中国に出張するのでさらに時間がとれそうになく、ブログも株チェックもおざなりになるかもしれません。12月の忘年会のイベントの準備をせよと会社から指令もありました。ああ無駄な時間。脱サラしたい。

それでは。
とーちゃんにまかせとけ。