金タローの脱サラ世界投資

脱サラを目指して高配当戦略(株、REIT、ETF、FX)で資産を運用中

PER 『株価収益率』を用いて株価の適正値を判断する

金タローです。

PERとはプライス・アーニングス・レシオ(price earnings ratio)の略で「株価収益率」のことです。P/Eとも表します。
株価と収益の関係を表したもので、株価が高いのか、適正なのか、安いのかを判断するための指標です。 PBRやROEとともに企業の価値を確認するときに用います。

PER(株価収益率)の計算方法

基本の計算式と意味

PERは下記の式で表されます。

PER=株価÷EPS

例えば、
一株当たりの利益が100円に対して、株価が1000円なら、PERは10倍になります。
一株当たりの利益が500円に対して、株価が1000円なら、PERは2倍になります。

PERのグラフ

PERは株価と収益の関係を表しており、
収益を一定と仮定した場合に、投資額を何年で回収できるかの目安になるものです。

PERが20倍なら、20年かかるということです(20年分の純利益の合計が時価総額と同じになる。)。
株価が上がればPERは上がり、利益が上がればPERは下がります。

PERを求める別式

PERは、以下の式でも求めることができます。

PER=時価総額÷当期純利益

 時価総額= 株価 x 総発行株式数

PER=PBR÷ROE 

 PBR:1株あたり純資産、 ROE:株主資本利益率

PERの適正値

PERの市場平均は10~15倍程度となることが多いため、その辺りを目安とされることが一般的です。
但し、学問として一般的な考え方を知ることはよいのですが、実際に自分の資金を投入し市場に参戦する場合はカモにされない様に、過去の数年分の値、同業他社との比較も行い、低いか高いかを判断して下さい。

また、相場全体が高くなりすぎている時は注意が必要です。

他の基準から考える場合、不動産経営などの投資を行ったとき、元本の回収に10年前後はかかるとすれば、株式投資においてもPER10倍というのは 許容できる範囲だと考えることができるのではないでしょうか。

高すぎるPERには要注意

PERが高いということは期待値が高いということです。その期待は何に対する期待なのかを考えなければなりません。通常は収益向上による成長が期待されているということです。急成長株はPERが高くなります。

成長している企業にとっては、その年のPERが40倍であったとしても、次の年の利益が2倍になっていればPERは20倍になり値は下がっていきます。 一時のPERが高くても翌年は適正値に近づいていくため、期待に応えられる企業であるならば問題はありません。

しかし高すぎる期待値に応えられないと判断されたとき、例え業績が悪くなくても株価は暴落します。

PERは現在の株価が妥当かどうかを判断するもので、未来を保証するものではありません。PERが高いものに手をだすときは、その期待されている企業が、市場拡大のためにどのような取り組みを行う予定なのか等を調べなければなりません。

PERが100倍ということは、翌年の利益を何倍にもしなければ適正値にならず、できなければ利益に対して株価が高すぎるということになってきます。

将来の収益や成長性を完全に把握することは誰にもできませんので、20倍を超えたものに手を出すときは楽観的に考えるのではなく、株価が暴落する覚悟ももっておいた方がよいでしょう。

但し、日本株においては多くの企業が株主優待制度をとっています。世界的にはイレギュラーなもので、外国株などではあまりみられないものです。こういった株は、成長性と関連せずに、優待目的で買われすぎてPERが高くなっているため、このような割高企業には注意が必要です。もともと成長性の乏しい企業が優待内容を変更したときにどうなるかは、想像しておいて下さい。もうわかりますね?

低すぎるPERにも要注意

低いPERは割安に放置された『お宝』である場合と、市場から問題有りと判断されている場合に分かれます。 低成長株はPERが低くなりますので、気をつける必要があります。

終わりに

5%の成長率でPER5倍の株と、20%の成長率でPER20倍の株では、後者の方が10年後のリターンは遥かに大きいことは容易に想像ができます。しかし、それは20%の成長が続いた場合の話であるため、伴うリスクも想定して、投資家は他の指標と兼ね合わせて慎重に判断して下さい。

それでは。 Presented by 金タロー

www.goodfrontier.com

www.goodfrontier.com