有給の理由付【有給休暇『完全消化』マニュアル】

有給休暇消化マニュアル

有給休暇とは

労働基準法第三十九条と有給休暇の日数

有給休暇は法で定められた労働者の権利です。正式名称は『年次有給休暇』と言い、会社の承認により与えられるものではありません。法律で定められています。初年度に10日、勤続年数が6年半ではさらに10日が加算され、年間20日に増えます。

労働基準法第三十九条

使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

労働基準法第三十九条

使用者は、一年六箇月以上継続勤務した労働者に対しては、雇入れの日から起算して六箇月を超えて継続勤務する日(以下「六箇月経過日」という。)から起算した継続勤務年数一年ごとに、前項の日数に、次の表の上欄に掲げる六箇月経過日から起算した継続勤務年数の区分に応じ同表の下欄に掲げる労働日を加算した有給休暇を与えなければならない。ただし、継続勤務した期間を六箇月経過日から一年ごとに区分した各期間(最後に一年未満の期間を生じたときは、当該期間)の初日の前日の属する期間において出勤した日数が全労働日の八割未満である者に対しては、当該初日以後の一年間においては有給休暇を与えることを要しない。

六箇月経過日から起算した継続勤務年数
労働日
一年
一労働日
二年
二労働日
三年
四労働日
四年
六労働日
五年
八労働日
六年以上
十労働日

有給休暇は従業員が取得したい日を前日までに指定すれば、無条件で与えられるものです。会社側にも時季変更権があるので、業務の支障となる場合は別の日に取得するように求めることも可能ですが、時期変更権を行使するための条件は極めて限定されており、「多忙だから」「代わりの従業員がいないから」という理由だけでは認められません。

パート・アルバイトの有給休暇

正社員ではないパートやアルバイトにも有給休暇を与えなければならないことになっています。週所定労働時間が30時間以上または週所定労働日数が5日以上の者には正社員と同じ日数が適用されます。週所定労働時間が30時間未満で、なおかつ週所定労働日数が4日以下の従業員については、下記の表(短時間従業員)の日数を与えなければなりません。

週所定 1年間の
所定
雇入れの日から起算した継続勤務期間
労働
日数
労働
日数
0.5
1.5
2.5
3.5
4.5
5.5
6.5年
以上
4日 169~216日 7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日 121~168日 5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日 73~120日 3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日 48~72日 1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日

有給休暇の時効

有給休暇の時効は二年です。一年間で使い切れなかった有給休暇は翌年に繰り越され、翌年の新たに与えられた休暇日数に加算されます。前年の使わなかった日数は、次の一年間で使わなければ時効により消滅します。

有給休暇の買取制度

有給休暇の買取は原則として禁止されています。有給休暇の買い取りを認めてしまうと、買い取ることで休暇を取得させないという事態が発生してしまうかもしれないためです。

例外としては認められているのは下記の三パターンです。

・法廷日数を超えた有給休暇を会社が独自で与えている場合の超過分
・時効で有休が消滅する場合
・退職時の未消化分

有給休暇をニ年の時効により流してしまうのはもったいのないことです。時効で消滅してしまう場合は買い取りを求めることは出来ますが、企業に有給休暇の買取義務はありません。対応してくれる企業は少ないでしょう。また、買取価格は企業が独自に決定できるので安く叩かれるのが関の山です。

世界の有給休暇取得率

エクスペディアの有給休暇国際比較調査2018によれば、日本人の有給休暇取得率は最下位となっています。逆に有給休暇の取得に罪悪感がある人の割合では日本が一位です。

若者ほど休みを欲し、50歳以上はそれほど休みを欲していないという結果も出ており、上司世代の考え方が職場の休みを取る協力体制にも影響しているのではないかとの考察もあります。

世界の人々は有給を消化していることを知りましょう。

有給休暇取得率

出典:エクスペディア


罪悪感

出典:エクスペディア

計画的に有給休暇を消化しよう

計画性を持って日時を分散させて消化する

正社員であれば有休は初年度から10日間が付与されます。勤続年数が6年半以上ともなると年間で20日間が付与されます。有給休暇が時効を迎えて流してしまうなど言語道断です。何故捨てるんですか?必死になって一日一日をお金のために働いているというのに。ボランティア精神ですか?

有給が残っているから最後の月にまとめて5日間を取得するなんて事はさすがに難しいので、有給を使いきるためには計画が必要です。年間に20日間の付与があるのに10日しか使わない人は、毎年10日づつ有休が流れていくことになります。一日15,000円の給料の人は年間で15万円を捨てています。

有給は理由も分散させる

会社は有給休暇の使い道を指定することは出来ません。そのため本来は有給の申請理由は『私事都合』で十分なのです。しかし現実社会では法を順守している企業ばかりではありません。聞かれて答えなければならない職場ならば、理由の分散が必要です。

一年間で三日程度の有給休暇を取得するだけなら、体調不良を理由にしても構いませんが、大量の有給を消化するならば、体調不良や用事だけではなく、堂々と自己啓発やリフレッシュのために使いたいと申請することも必要です。バランスよく理由を使い分けましょう。

体長不良ばかりで休みすぎると自己の評価が下がるかもしれませんので、限度を考えましょう(本来は有給休暇を取得したことにより、その従業員について手当や査定を下げるといった不利益な扱いをすることは禁止されています。)。

・体長不良(当日連絡) …4日
・病院での検査  … 1日
・自己啓発のため … 3日
・用事      … 4日
・家族旅行    … 2日
・リフレッシュ  … 4日

ニ年で時効になることを考慮して、計画的に流さずに消化しましょう。

有給休暇のフル消化には注意

完全に使い切らずにとっておくということもリスク管理の一つです。企業独自の有休を付与していない場合で繰越が20日間あれば、年間で40日がMAXです。

20日間付与されている人も、病気になって入院する事になる場合もありますから、40日のフル消化をしてしまう事は避けましょう。一年間で流れるのは最大で20日間です。時効になる分は使いきり、あとは病気のためにとっておくという事が望ましい有休の配分でしょう。

有給の申請理由の具体例

休み

疲れたときは休む。休みたいときは休む(権利の中で)。人間は機械ではないのですから。有給消化を阻むアホ管理職は未だにいるのかもしれません。あなたがまだまだその会社に依存して生きていくのなら、周りを敵に回さない様に有給を消化する技術を身に付けて下さい。

仕事が一人前にこなせていない内の権利の乱用は、控えめにするべきです。法律で決まっているとは言え、郷に入っては郷に従うという事も必要になるのは致し方ありません。適度に休みましょう。

社風によっては有給休暇の取得が簡単にいかない所もあるかと思いますが、自分の人生です。会社にぼろ雑巾のように扱われて滅ぼされても、誰も頑張ったねとは慰めてはくれませんから。

下記リンクの記事では、仕事を休む理由と実際に伝える実践例などの詳細を記載しています。さすがに当日に急に休むというのは年間に数回程度に抑えておいて下さい。

休む 会社を休む完璧な理由とダメな理由【仕事に行きたくないなら休め】

 記事の概要 

会社を休む理由【当日偏(体調不良型)】

腹痛、下痢、頭痛、腰痛、胃痛、眼痛、嘔吐、発熱(高熱)、歯痛、耳痛、胸痛
原因不明で病院で検査、ダブルコンボ(お薦め)、トリプルコンボ(必殺)

会社を休む理由【当日偏(トラブル型)】

車のブレーキランプの故障(自動車通勤の場合)、車の異音(自動車通勤の場合)、車のバッテリーあがり(自動車通勤の場合)、子供の体調不良、親の体調不良、自宅の窓ガラスの破損、カギの紛失、トイレ(水周り)のトラブル、ペットの体調不良

会社を休む理由【前日偏】

親戚の不幸、子供の体調不良

会社を休む理由【事前偏】

自宅設備の立会点検(トイレ、水道、お風呂等)、病院での予約検査、結婚式
ペットの予防注射(市の主催)、子供の検診(市の主催)、子供の行事、子供の進路相談、祖父母の介護や送迎、法事、自己啓発のための勉強会への参加、資格(免許等)の更新、自宅の修理(屋根やエアコンの修理)

その他

会社を休む時に使ってはいけない理由、仕事を休む時にやってはいけないこと、休みを取ってリフレッシュすれば仕事のパフォーマンスは上がる

有給休暇を取得するメリットとデメリット

その遠慮に意味はあるのか

従業員は会社の奴隷ではないのです。契約に基づき労働の義務を負いますが、それだけのこと。しかし日本人は良くも悪くも忖度精神が非常に強いという特徴を持っています。

『休んではいけない。』

『周りの皆に迷惑が掛かる。』

『上司に嫌われないかな。』

反吐が出るほど下らない。後のプラスに作用するのならばその配慮も我慢も意味を成しますが、何にもならないことも十分に考えられるのです。査定に影響も及ぼさないのに、自分が嫌われたくないが故にただ遠慮して休みを失い疲弊する。他者を思いやる感情は大切なことではありますが、その行動は自分に一円たりとも利益を生み出してくれる訳ではありません。時には捨てさる勇気が必要です。

『自分がいないと困るから。』

自惚れも大概にする必要があります。これほど無駄で無意味なことはありません。守られるのは嫌われたくないという弱気な心のみ。

上司の能力不足を全てカバーする必要は無い

誰かが休んで仕事が回らなくなるのは管理職のリスク管理の甘さです。高給を貰っておきながら短視眼的に目前の業務の処理しかしない。それでは一従業員と変わりありません。それが仕事なのに怠惰な能力のないものが役職についてしまうと職場は大変です。即刻役職を返上し、パート代を手にして家に帰って寝てろといいたくらいです。誰かの犠牲による利益の産み出し方しか出来なくなります。

一人が休んで忙しくなるというサポート体制の不備。人員の増強を次の会議の議題にでもするべきです。滅私奉公をした所で会社は社員の終身雇用なんてもう守りませんよ。いつまで社畜精神をぶら下げているつもりですか。

有給休暇を取得するメリット

・肉体の疲労回復
・精神の疲労回復
・通勤交通費の節約
・食費の節約
・通勤交通費
・スキルアップ
・体力回復による翌日の仕事のパフォーマンス向上

有給休暇の取得により得られるものは疲労の回復のみならず、節約してお金が貯金に回ることにもなります。自動車通勤ならガソリン代が浮きますし、自宅でゆっくりと休みながら昨晩の残り物でも食べていれば高い昼食代もかかりません。それどころか勉強をしてスキルアップを目指せば、他者との差を広げることも出来るので、未来の収入のアップにもつながります。

さらに言えば、休みを取得したことにより、翌日の業務のパフォーマンスが上がるため、仕事で良い結果をもたらすことも可能となります。良いアイデアというものは、机上で考え込んでいるときよりもリラックスしているときに浮かぶものでもあるため、想像以上の結果を手にすることになるかもしれません。

貧乏人は生活費をかせぐのに追われて 時間の余裕がないという『貧棒暇無し』という言葉がありますが、逆説的に考えてみて下さい。お金持ちになりたいのならば、時間を勝ち取るべきです。有給休暇を流すということは、まさに貧棒ロードを突き進んでいるのです。会社が社員の時間を搾取するということは、賃金のピンはねよりも憎むべきこと。

周りの仲間を思いやり、有給休暇を流してでも働く『いい人』とは、会社にとって一時的に『便利な人』ということでしかありません。『あの時の君は頑張っていたね』と、過去を評価してくれる会社ならその行為も報われることもあるでしょう。しかしそういう『誰かがどこかで見てくれている』的なメルヘンの世界は義務教育とともに終わっているのだと見積もっていた方が無難です。実力主義で未来の結果が全て。資本主義社会の基本はこちらです。あなたが、どちらに所属しているのかは僕にはわかりませんが、後者であるのならば、いかに有給を流す行為が愚かなことであることかを理解しましょう。

有給休暇を取得するデメリット

従業員が有給を使うことで、不利益を被るような行為に及ぶことは法的に禁止されています。が、しかし、日本企業の人事評価は良くも悪くも好き嫌い人事です。営業職のように数字で表れる仕事ならともかく、間接部門の仕事に従事していれば、なおのことその傾向は強くなります。自分があまり休みをとらない上司が、休みを多く取る部下に対していい感情を持つ訳がありません。

その悪感情を振り払うほど仕事の能力に信頼があるのならば、評価が下がるということはまず無いでしょう。上司と普段から良好な関係を築いていれば、休みをとったくらいで弾かれるということも少ないと思います(上司が感情的に判断を下すタイプか、長期合理的に判断を下すタイプかにもよりますが)。

周りからどう思われるかはそれほど重要ではありません。妬まれてもかまいません。しかしそれが相手のアクションに繋がるほど迷惑を掛ける様なことは避けなければなりません。有給の大量取得のデメリットは、上司や同僚を敵にまわす可能性があるということです。

有休がとれない時の対処法

休憩

周囲との調整を行う

同僚たちと有給が重なることがあるかもしれません。基本的には、事前に休みたい日を伝えて周囲との調整を行い、健全に消化する事を目指しましょう。

無理矢理休むということも時には必要

ブラック企業なら、たった一日の有休申請すら拒むかもしれません。有給休暇を申請しづらい環境や受理してもらいにくい状況下におかれているのなら、短期的には体長不良を理由にして強引に休むことも手段の一つです。

休みをもらえないからと言って、労働基準監督署に訴えたり争う姿勢をみせたりと、そんなことをしていたら後々いづらくなりますよ。エネルギーの使い方を間違えると損をするので、損得勘定をしっかり行ないましょう。

あからさまな嫌がらせを受ければ、音声を録音して弁護士を雇い戦うこともできますが、お金と時間を失います。確実に勝てると睨んでいるのならそれも一つの道ですが、生産性が低い作業はお薦めしません。それにそれはもはやパワハラなので別の問題です。争うということは退職を覚悟したときの話ですし、会社側も馬鹿ではありませんから。表面上は笑顔で接してくるものの、昇格昇給が無くなる等の飼い殺しにされるということだって有りえます。下手に出つつ、さらっと休んで、次の日にゴメンね、エヘッ。くらいが生き延びる術というものです。

仕事が出来る人になろう

滅私奉公は厳禁です。会社は自分の人生のために利用する場所であり、会社と社員はギブ&テイク。自分の仕事を立派にこなしていると権利を主張しやすくなります。但し会社に利益をもたらしていない『おんぶにだっこの状態』で、『仕事しません休みください』の態度では呆れられても仕方がありません。

まずは平均より上の人間になり、自分がいなければ困るくらいの人材になりましょう。先ほども、社員が休みを取得したことで仕事がまわらなくなるという状態に陥るのならそれは会社の業務管理能力の欠如だと言いました。あなたが気遣いする所ではありませんと。

しかしだからと言って無能な上司をひきずりおろすと言うのなら、あなたが代わりをできますか?上司は他の折衝業務などで頑張っているのかもしれません。無能でも大目にみてあげましょう。

まだ一人前でない新人の場合、有給を使ってはいけないという事ではないですよ。新人が戦力外なのは当たり前です。雑務などで貢献したり、後に借りを返せばいい訳です。それに新人時代の方が自分のペースで動けないし気遣いで疲弊するので休むことは重要です。

休暇要望に対応できないリスク管理が未熟で社員のワークライフバランスに配慮の無い企業は、この先は人材流出に歯止めがかからず淘汰されていくでしょう。株主は株を売っておくべきですね。

同僚を巻き込もう

部内で一人だけがバンバン休みを取っていたら妬まれ恨まれて当然です。上司も許可を出し辛いでしょう。妬まれるだけなら痛くも痒くもありませんが、自分が休んでいるときにあることないこと悪口を吹聴されて足を引っ張られると厄介です。残念なことに人の噂を検証もせずに鵜呑みにしてしまう輩はいます。ではどうするか。自分だけがたくさん休みを取るのではなく、同僚や先輩にも休みをとるように促します。スクラムを組んで皆でそういう社風に変えていくのです。

上司を懐柔しよう

どれほど努力しようが上司の方針しだいでは、有休の取得は難しいことがあります。上司が、趣味もなく家に帰っても暇だとして休みを欲しないタイプだったり、『成功したければ24時間休まずに働け』という気色の悪い信念を持った人だと困ったものです。

搾取構造上層の経営者や役職者ならともかく、一末端社員がそこまで身を粉にしても相応のリターンは得られないので、付き合うのは表面上だけにしておきましょう。価値観の異なる仕事人間が近くにいると非常に迷惑なことですが、一旦受け入れ懐柔作業に努めるしかありません。

役職者はさらに上の役員から結果を求めれられて圧力を掛けられている場合もあります。管理職の給料をもらっているのだから、板ばさみを味わうことは仕方のないことですが、上司の立場も理解してあげる譲歩の気持ちも必要です。

下の人間がやるべきことは圧倒的な上司のサポート(あなたがいなくても仕事はまわる、くらいの)と、出来るだけ上司と普段から仲良くして、休みを取りやすい雰囲気を作ることです。媚びるということではありませんよ。自分の能力を高めずにご機嫌取りだけやっていて、ある日ハシゴを外される人もいるのでそういうポジションの作り方には気をつけて下さい。後に自分の首を絞める事になりますから。

禁断の上司一段飛ばし

通常は有給休暇の申請は直属の上司に出します。状況によっては却下されるという事はあるでしょう。何度申請しても有給が取得させてもらえない時に、退職リスクを覚悟しているのならば、直属の上司を飛ばしてさらに上のものへ問題をあげるという方法もあります。

これはかなりの諸刃の剣です。一人で行なえば夏の夜空に輝く花火の如く散ることになるでしょう。複数人で行なえば、効果があることもあります。直属の上司とさらに上のクラスの者とがどの程度の信頼関係を構築しているかにもよります。会社が何を守ろうとするかです。直属上司との関係改善は期待できませんから、相当の覚悟がある時だけにして下さい。

有給休暇を取得してワークライフバランスを大切に

休み不足

出典:エクスペディア

驚くべき事に、日本人は有給休暇の取得日数が世界的に低いにも関わらず、休み不足だと感じている人も少ないようです。働く事が当たり前の日本人。とても勤勉で誇らしい事です。それが本心から出たことならば喜ばしいことですが。

働きたい人は働けばいいし、休みたい人には休ませて欲しいですね。有給休暇の取得に罪悪感を感じなければならなかったり、他者の足を引っ張ったり阻止したり。何ともまぁ不可解な現象というか。これからは、そういう事が無くなって誰もが休みたい時に休める様になっていくのでしょうか。

働くために人生があるのではありません。人生を豊かなものにするために働くことが許された時代です。体を休め英気を養うこともまた、仕事のうち。子供ではないのですから、会社が温かく見守り手伝ってはくれませんよ。その管理を行なうのはあなたしかいないのです。

ワークライフバランスを整え、一度きりの大切な人生を楽しく有意義なものにしていきましょう。

配当金生活 仕事辞めたい【配当金生活を得て辛い仕事からサヨナラしよう】 夏休み 働きたくない【不労所得の作り方と意味(金持ちと奴隷)】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください