まだ米国株で消耗してるの【何もしないことが一番正しいこと】

アメリカ

投資を始めて約15年。

少しづつ積み重ねてきた配当金。

塵もつもればで、配当だけでも数百万円くらいになったでしょうか。

昨年は年間の利益も100万円を超えました。

大樹を育てる。

そして、

つい数か月前に、

含み損が1,000万円をこえてた。

ふげっ。

コツコツドカンてやつです。

数%の配当を得て株価が半減してたらただのアホ?

もちろん株価は上下するものだと、想定の範囲内です。

今は含み損も大分と少なくなりましたよ。

でもね、最近思います。

これからも日本株はボックス。

これからの米国株もボックス。

え、米国株は右肩あがりだろって?

コロナでどれだけ中国が強いかがわかりましたよね。

うちの会社は中国からの物資が入らなければ倒産します。

今の所、他国での代替品を見つけることは出来ていません。

アメリカがどこまで弱体化するかはわかりませんが、一強時代は終わるのではないでしょうか。

だとしたら、投資先の選定は非常に難しい。

タバコ、石油、生活必需品。かつての黄金銘柄に輝きはありません。

まさにナンピン底なし沼。

個別株がダメならETF。

しかしそれでは晩年の年金がわり程度。

アーリーリタイアは遠いな。

新規の口座開設が増えているそうです。

昔から、誰もが興味を持ちだした時に株価は落ちると言います。

二番底なんてこなければいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください