新築一戸建は辛い【業者が隠すマイホームのデメリットと後悔】

金タローです。

僕は以前は賃貸マンションに住んでいましたが、ライフスタイルの変化によって戸建てに移り住みました。 アメリカでは子育て期が終われば、小さな住宅へ引っ越すというのも普通の流れですから、僕も一生この家に住み続けるのかどうかはわかりません。ただ、今は戸建てに住み替えたことで、賃貸マンションに住んでいた頃にはなかった苦労を背負おっています。これから住宅購入を考える人のために、僕の経験から、一戸建では覚悟しておかなければならない、かもしれないことを書いておこうと思います。

不審者との距離が近くて怖い!

知らない人が玄関の前を通るなんてことは、マンションでは有り得ないことですが、人が行き交う道路に面する立地に立っている家ならば、そういう事は日常茶飯事です。玄関の前に知らないおじさんが立っていると大人の僕でも怖いもので、人の家の前でなにしてんだよ、って思ってみても道路はウチの敷地ではないので何も言えません。

何より、戸建てで気をつけなければならないなと感じるのは、進入のされ易さに対してです。こればかりはマンションと比べると大きな差があり、オートロックの無い様な古いマンションと比較したとしても、戸建てのほうが進入しやすいと思います。

我が家は、一階は電動シャッターにしていて手動では開けれないようにしていますが、ニ階は電動ではないため、入ろうと思えばベランダから進入される可能性があります。

子供の頃に、ガラスを割られて進入されたことがあり、後日その人は逮捕されましたが、もし鉢合わせしていたらと思うとぞっとします。自動車にドライブレコーダーを付ける事が標準化してきたように、今の戸建てには防犯カメラが必須なのかもしれません。

他人がゴミを捨てて行く!

タバコの吸殻

僕が大きなストレスを感じているのが、家の前にタバコの吸殻を捨てる人がいるということです。家の前の道路は袋小路に続くのではなく通り抜けができるため、不特定多数の人が毎日家の前を通ります。その中でごく一部の人なのでしょうが、タバコを捨てていく人がいるので、困っています。家の前で立ち止まって吸っているのかわからないけれど、気持ちが悪いものです。

同一人物がわざとやっているのではないかと考え出すと、無駄にメンタルを消耗させられるのであまり深く考えないようにし、さっさと掃除するようにしています。賃貸マンションに住んでいた頃にも、敷地内にタバコを捨てする人はいましたが、あの頃はちゃんと管理人さんが掃除をしてくれていたので、そこまでストレスに感じることはありませんでした。

ゴミ問題

タバコと比べると比率は低いですが、たまにゴミを捨てて行く人がいます。

ペットの糞尿処理

犬の場合はきちんとリードをつなぎ散歩させている飼い主さんがほとんどですが、猫に関しては放し飼いにしているケースが多くあります。どこの猫かはわかりませんが、我が家にも時々やってきて糞をしていくので、放っておくとひどい悪臭が立ち込めます(泣)。飼い猫なので、お腹を壊すような物をまいておく訳にもいかないし、辛いところです。

おわりに

この他にも辛いとまではいかないけれど、賃貸の頃は管理会社に町会費を年一括で支払っていたものが戸建てでは順々に回収係の役がまわってきたり、募金の回収を行ったりと、手間なことが増えました(地域にもよると思います。)。

でも、悪いことばかりではなく、良いこともたくさんあります。何と言っても子供が元気にドタバタ走り回ってもクレームがこないのです。賃貸、マンションの購入、戸建ての購入、一長一短あるのは当然のことなので、よければ参考にしてみて下さい。

それでは。
とーちゃんにまかせとけ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援クリックお願い致します



www.goodfrontier.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください