丸紅(8002)の購入株価と配当【不労所得増大の高配当戦略株】

金タローです。

高配当戦略として保有している株、5大商社の一角である丸紅を紹介します。

丸紅の購入株価と購入金額

さて、僕は 丸紅 の株を 100 株保有しています。

1株 475 円で購入しているので、

買い付けの総額は約 47,500 円となりました。

丸紅からの受取り配当金(不労所得)と利回

1株当たりの配当予測が 34 円であり、
保有株数が 100 株なので、
配当利回りが 7.2% となっています。

そのため、年間の受け取り配当金の予測は、

税引き前 約 3,400 円
税引き後 約 2,720 円  程度になる予定です。

2019 年度の予測です。

丸紅の企業規模

時価総額  約1.3兆円
従業員数  約4,500人 

※ 2019年5月調べ

丸紅の事業概要

芙蓉グループの総合商社大手で、穀物や発電で商社トップクラスです。

丸紅の資産ポートフォリオ

丸紅の資産ポートフォリオ(2018年)

食料グループ

穀物本部、食品本部(トウモロコシ・大豆・小麦・菜種などの穀物全般を取り扱い、コーヒー豆の輸入においては業界全体の約30%のシェアを持っています)が所属しています。

生活産業グループ

ライフスタイル本部(衣料、フットウェア、生活用品などのライフスタイル関連商品を取り扱う)、情報・物流・ヘルスケア本部(ネットワーク回線・データセンター・クラウドなどの情報通信サービスの提供や携帯電話事業者の代理店を展開)、保険・金融・不動産本部(国内分譲マンション開発事、中国・アセアン諸国での不動産開発事業を展開)が所属しています。

素材グループ

アグリインプット事業本部(農薬・肥料・種子等を販売する農業資材事業)、化学品本部(石油化学基礎製品や合成樹脂など誘導品)、紙パルプ本部が所属しています。

エネルギー・金属グル―プ

エネルギー本部(米国、英国、インドでの石油・ガスの探鉱・開発・生産事業や天然ガス、新エネルギー関連事業)、鉄鋼製品事業本部、金属資源本部(鉄鉱石、石炭、銅の鉱山開発など)が所属しています。

電力・プラントグル―プ

電力本部(発電事業や再生可能エネルギー電源を中心とした英国電力市場での卸調達・小売事業など)、プラント本部(EPC事業: Engineering, Procurement and Constructionの略で設備・プラントの一括納入請負のこと)が所属しています。

輸送機金属グル―プ

航空・船舶本部(航空機・エンジンの部品トレードや民間航空・防衛装備品代理店、宇宙関連事業など)、自動車・リース事業本部(米国において、冷凍・冷蔵トレーラーおよび貨車のリース事業を展開)、建機・産機本部(建設・鉱山機械の販売などを行う)が所属しています。

丸紅の業績と各種指標

丸紅の利益の推移

丸紅の利益の推移

  2016年 2017年 2018年
売上高 7,300,299百万円 7,128,805百万円 7,540,337百万円
営業利益 -15,100百万円 74,137百万円 81,522百万円
経常利益 90,559百万円 200,271百万円 255,004百万円
当期利益 62,264百万円 155,350百万円 211,259百万円
EPS 35.88円 88.08円 119.43円
BPS 758.95円 829.49円 879.86円
総資産 7,117,686百万円 6,896,733百万円 6,877,117百万円
自己資本 1,317,052百万円 1,683,723百万円 1,771,475百万円
資本金 262,686百万円 262,686百万円 262,686百万円
有利子負債 3,368,325百万円 2,806,138百万円 2,542,704百万円
自己資本比率 18.50% 24.40% 25.80%
ROA 0.84% 2.22% 3.07%
ROE 4.39% 10.35% 12.23%
総資産経常利益率 1.22% 2.86% 3.70%

2018年のROEは高い値となっています。利益のムラが大きいです。

丸紅のキャッシュフロー

丸紅のキャッシュフロー

丸紅のキャッシュフロー

  営業CF 投資CF 財務CF 現金・現金等価物 フリーCF
2013年 240,075 -192,825 111,585 865,592 47,250
2014年 291,188 -706,585 196,779 665,498 -415,397
2015年 170,943 -331,411 -70,705 469,106 -160,468
2016年 359,132 -174,596 -36,268 600,840 184,536
2017年 324,263 46,504 -258,123 704,972 370,767
2018年 253,423 -49,742 -269,507 625,834 203,681

2012年、2014年、2015年のフリ―キャッシュフローがマイナスとなっています。

丸紅の配当推移(高配当戦略重要項目)

丸紅の配当金の推移

丸紅の配当金の推移

  1株当たり配当金(円)
2010年  8.5
2011年  12
2012年  20
2013年  24
2014年  25
2015年  26
2016年  21
2017年  23
2018年  31
2019年 34(予想)

配当政策について

丸紅は、配当方針は各期の業績に連動させる考え方を取り入れており、連結配当性向25%以上で決定することを基本方針としています。そのため業績により減配しますので、直近利回りだけを見ない様にして下さい。

丸紅の株価動向と投資(買い増し)考察

丸紅の株価チャート

丸紅の株価チャート

一時1,000円を超えていた株価は、2019年5月現在の株価は約795円になり下落しています。PERは6倍、PBRは0.7倍のため指標から見ればかなり割安な水準です。

僕は400円代で購入しているため配当利回りは7%を超えていますが、現在の株価に対しては約4.3%程度となっています。

4%が保証されているなら十分な高配当株なので買いなのですが、業績による減配を考慮すると、次の買い増しは、もう少し低い株価の時に行いたい銘柄です。

丸紅の近況と今後

2019年4月に丸紅の米出資会社(Enlitic社)がコニカミノルタ(4902)とAIを応用した胸部単純X線用医用画像診断システムを開発すると発表しました。

専門医のスキルを学習したAIをプライマリケア(身近にあって、何でも相談にのってくれる総合的な医療)に活用し、患者、診療放射線技師、医師の負担を減らせるとしています。

2019年4月25日に日本経済新聞により、丸紅が米穀物集荷事業と海外電力事業を対象に約500億円の減損損失を計上する見通しであるという報道がありました。穀物価格の下落や資源高による発電コストの高まりが要因となっているというものです。これに対して丸紅は、500 億円程度の資産価値を見直す可能性はあるが、確定した事実ではないと否定しています。

丸紅は、ムーディーズ (Moody’s) の格付けでは、Baa2 (安定的)を取得しています。

不労所得を増大させて経済的自由を獲得するために、ともに頑張りましょう。

それでは。

とーちゃんにまかせとけ!

配当金生活のためのポートフォリオ

キヤノン(7751)の購入株価と配当【不労所得増大の高配当戦略株】 住友商事採用01 住友商事(8053)の購入株価と配当【不労所得増大の高配当戦略株】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください