高気密高断熱の結露の無い住宅【家は人生で二度建てろ】

金タローです。

家を建てる時に今や当たり前になっているのが高気密高断熱という性能。我が家も気密性は高くて夏場は小さなエアコン一台で一階全体が冷えるほどです。

しかし、その気密性の高さ故か、冬場は窓に結露がびっしょりです。面倒だからと放っておいたらカビが生えるかもしれません。樹脂サッシにすれば軽減するとも聞きましたが、効果はどの程度のものなのでしょう。樹脂は変色や耐久度に欠けるイメージもあります。住宅に使用される部材の品質が長期的に保証されているものなのか気になります。高級マンションや高グレードな家は結露しないのでしょうか。

超高気密高断熱の家

WBSで紹介されていたのが、通常の住宅よりも高気密高断熱性能を上げた魔法瓶の様な家。エアコン一台で家全体が冷えてしまうそうです。しかも結露も無いらしく。そんな事が出来るんですね。セルロースファイバーが湿気を吸収し、特殊な換気扇がついているとのこと。

家

ウェルネストホーム

得か損か

通常の価格帯よりプラス500万円になります。電気代が年間で12万円程度安くなるという事ですが、それだと元をとるのに40年もかかってしまいます。若年期の500万円の価値は非常に重いです。日本の住宅の価値は30年程度でゼロになります。

メンテナンスをしながら長く使うという考えは、湿度が高い日本では馴染がありません。100年住宅と言って長い耐久性を売りにしている家も増えてきましたが、これからのAI時代に40年後の住宅は今と全く別のものになっている可能性もあります。新しいものが欲しくなるかもしれません。そのため40年を掛けて500万円を回収し、それからプラスに持っていくという考え方は損得で言えば損でしょう。

また、エアコンを一台しか設置しないのはハイリスクです。夏場にその一台が故障したらどうする気ですか。死んでしまいます。まぁそれは考えて予備を設置するかどうかは購入者しだいでしょう。結露が無いと言うのは素晴らしい。それに壁が厚く窓は三層だということなので、遮音性能に優れているかもしれないと思いました。それらを考えれば価格に対する価値も無くはないです。

そういった他のポイントが無いのなら、500万円を運用し続けて膨らんだお金で40年後に家を新たに建て変える資金にした方がお得です。

家は一生物ではない

僕は家を建てる事が人生で一回限りだとは思っていません。資産形成に成功していれば、もう一度建てるかもしれないし、晩年はマンションに住みたくなるかもしれない、そう考えています。だから今の家は人生を掛けるような豪邸にはしていません。

これから家を建てる人に一つアドバイスを贈るとすれば、家は一生ものではない、と言っておきます。身の丈を外れて4,000万円も5,000万円もするような家を建てたら最初の数年は満足するかもしれないけれど、後で後悔するかもしれませんよ。

上物以外の地盤がやられる可能性もゼロではありませんしね。物事は長期的な視点で捉えて下さい。ちなみに上記の物件は2,500万円とのこと(土地含まず)。正確なサイズが分かりませんが、積水ハウスやダイワハウス、へーベルハウスよりは安そうです。

それでは。

とーちゃんにまかせとけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください