AI投資で資産運用は可能か【SMBCのAI株式ポートフォリオ診断をやってみた】

 

金タローです。

時はまさにAI(人工知能)時代。囲碁も将棋も軍事でさえも。もう日常生活のありとあらゆる所へAIが入り込んできています。

SMBC日興証券も、口座を持っている人に無償でAIによる株式診断を行うサービスを始めました。

無料だというのでちょっと試してみたので報告したいと思います。

SMBC日興証券のAI株式ポートフォリオ診断とは

AI診断サービス

各種条件を入力することで、日本株式の1ヶ月先の期待収益性をAIが予測診断(スコア化)し、お薦めの銘柄を選んでくれるというものです。

SMBCとしては、AIを使うことでこれまで知らなかった銘柄を知ってもらったり、慣れていない人に使ってもらえればという事です。

AI実験の成績

実証実験においてはAI診断を使った人の7割は使わなかった人より年率16%運用成績が良かったそうです。

AI搭載の将棋アプリを製作した『HEROZ』と共同で開発したものです。HEROZの浅原取締役は、どういう銘柄の組み合わせであれば、リスクを抑えて収益を拡大できるかということをAIが示唆できるようになったと述べています。

AIの株式診断をやってみたよ

1.投資する金額を入力

 100万円で入力してみました。

2.購入を検討している銘柄を一つ入力

 保有している武田薬品を入力してみました。

3.別の銘柄の上場市場を入力

 東証1部としました。

4.リスク許容度を10段階から入力

 リスクは少し高めで、レベルを6にしてみました。

5.結果が出力

そうするとAIが10年分の決算データや株価データを分析し、武田薬品と相性の良い銘柄を組み合わせて提案してくれます。

結果は千葉銀行を900株薦められました。買いはしませんよ。

AI診断

 

AIによる株式投資診断の結果について

いくつかの結果を見てみて微妙だなと思いました。長期投資家としては、この銘柄を初心者に推奨するなどあり得ないというようなものも出て来たのです。例えば、射出成型関連企業が出たんですけど、あの業界がどれだけ大変かを考えると長期投資は控えるもの。金型は他国で作れば半値以下だし、凄まじい競争にさらされ今後の業績の悪化は必須。長期的に見ても短期的に見ても、僕の保有株の武田薬品との相性がいい理由はさっぱり分かりません。絶対に自分だったら買わない銘柄や、落ちに落ちまくってこの先回復の見込みがないのではないかと思う様な銘柄も出てきたり。

このAIは、短期的な1ヶ月先の収益性を見るものですからギャンブルに近いですね。このギャンブル性をAIがどこまで投資に近づけてくれるのかという所なんですが、購入してもすぐに売るタイミングを自分で決めなければならないのなら、初心者向けだとは考え辛く、このAIサポートは中級者向けではないでしょうか。

購入時点の『テクニカル』として、なんでしょう。テクニカルサポートとしての良し悪しの判断は僕には出来ないので試して結果をみないとわからないですね。

ただ、7割の人は成績を上げる事が出来たといっても、短期売買は9割が負ける世界では。負けてる人の中で16%マシだったって言われてもなぁ。どういうサンプルによる結果なのかが詳しくはわからないので言いきることはできません。もしかしたら優秀なトレーダーの中から16%アップ??だとしたら億万長者が大量発生してしまうから多分違うでしょう。

長期投資家はAIに負けない

AI診断の良い点をあげるならば、知らない銘柄を見つけられたり収益性のランクが見れたりして楽しめること。AIならこう考えるんだ、っていうことを一つの参考にして見れることですね。一日の診断は回数制限があるので、そんなにたくさんはできませんでしたが面白かったです。

いずれにしろ短期売買は、初心者が取るべき投資法ではないと思います。最終の投資判断を行うのは自分ですから、やっぱり考える事は必要です。タダより怖いものはない。

マーケットは非常に非合理的なもの。だからAIは短期売買派には勝てても、今はまだ長期投資家には勝てないのではないでしょうか。初心者こそしっかりとした企業への長期投資に身を置くべきだと思います。

それでは。

とーちゃんにまかせとけ!

株式投資の未来 投資の初心者向け資産増大法【長期で高配当株への再投資が最善策】 分散投資は負けない投資-前編【ユダヤの財産三分法と株式投資】 日本沈没 株を始める前に【日本株への集中投資を避ける国際分散の必要性】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください