食との正しい関わり方【お金持ちを目指す投資家は食べ物も分散投資するべき】

 

金タローです。

今、あなたが食べている物は、あなたが思っている物ではないかもしれません。

例えばスナック菓子。パッケージ背面の食品表示を見ることなく、小麦かポテトかコーンかの区別をつけることができますか?その製品がノンフライかフライ品か味で判断できますか?

カキ氷のシロップは、メロンもイチゴもレモン味も全て同じ味付けだって知っていましたか?香料を変えているだけなんですよ。

そもそもお金持ちはそんなジャンクフードは食べないよって?
へー。

肉じゃない人工肉バーガー

人工肉バーガー

世界的にみれば人口は爆発的に増え続けています。水も食料も足りていません。
人工食品に頼らなければならない時代が来ます。

そして肉。これから先は、お肉だと思って食べていたら、それ、肉じゃないかもしれませんよ。既に登場しているインポッシブル・バーガーのパティに肉は使われていません。

植物由来の「ヘム」という物質を用いて牛肉の風味を出しています。今はまだ値段が高いので一部の店でしか食べられずに広く普及はしていませんが、いずれそういう時代がくるでしょう。

食肉業界団体はすでにEUに対し、肉を使っていないのにバーガーと名乗るなと言うクレームを入れています。

体に良いとされる物も過剰摂取すれば死に至る

海草は髪にいいよ、と言いつつ、ひじきはヒ素が含有しているとして、イギリスやカナダやオーストラリアでは勧告が出ています。

ポパイの元気の源であるホウレン草もシュウ酸が含まれているので胆石のもとになります。

栄養価の高い卵はコレステロールのリスクがあり、一日一個の摂取でも多すぎるとされていますし、魚だって食べすぎは注意とされています。

卵ごはん 悲報!卵ごはんで節約すると死亡率が増加【コレステロールリスク】

消化酵素などの量が欧米人と日本では異なる様に、体は人それぞれ得意不得意分野があります。アルコールを分解することに強い人もいれば弱い人もいる訳です。

万人に対するパーフェクトフードなどこの世には存在しません。カロリーオフのノンシュガー飲料を飲みすぎて糖尿病になったニュースもありました。薬もサプリも用量を守ることが大切な様に、通常の食事も同じことなのです。

論文は所詮論文。信じた奴は馬鹿を見る

ある実験ではコーヒーを多く摂取したグループは長生きしたとありました。また別の研究結果ではコーヒーにより病気のリスクが高まるとしたものもあります。コーヒーにもシュウ酸が含まれています。

論文とは、ある程度意図した方向での結果が出ないと発表できませんからね。公開されている論文や実験の結果はあくまで参考値として扱うべきものであり、妄信してよいものではありません。TV番組で紹介されたりしてブームになったものだからと言って、食べるものを集中させるという事は危険な行為です。

値段が高いオーガニック食材は大丈夫、なんて思っていたら大間違いで、どんな物でも過剰摂取するべきではなく、分散しなければならないのです。

投資家が冷静な判断を下すためには健康が第一

これから多くの人工加工食品が登場するでしょう。新しいものに飛びつく時は少し気をつけてください。歴史上、ニューフロンティアを求めて先人を切った勇気ある者達が、いかに悲惨な仕打ちを受けたかを思い出しましょう。

数年前の医学の常識というものは、数年後には間違っていたという結論になるものも多いです。健康ブームに流されて一つの物事に集中投資してはいけません。

投資も健康食品も、誰がどう薦めても、最後に責任を取るのは自分です。だから人生は何事も分散することが大切です。集中投資してよい時とは、誰よりも努力し、周囲を凌駕する勝算があるときだけです。

投資家に必要な優れた判断力は、健康な体からもたらされるもの。不健康になれば投資判断を間違えてしまいます。資産を溶かすのは非常に簡単で一瞬です。

体調管理は大切に。

それでは。

とーちゃんにまかせとけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください