金タローの脱サラ世界投資

脱サラ(アーリーリタイア)を目指して高配当戦略(株、REIT、ETF、FX)で資産を運用中

FXで最も注意すべきこと【脱ギャンブル】

金タローです。

以前にFXの必勝法(負けない方法)の概要をお話しました。とは言っても、株式などと同様にFXにはFXのリスクがあります。そこで今回は、取引をする前に気を付けておくべきこと、知っておいて欲しいことを紹介しようと思います。

チャート

テクニカルは通用しない

FXトレードに関する本を購入すればさまざまなテクニックが載っています。移動平均線を用いたシグナル判定法のMACDやゴールデンクロス、買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するストキャトティクスなど。いくつものテクニカル手法がありますが、これらは常時通用する方法ではありません。

FXは初心者がテクニカルを用いて勝ち続けることが出来るほど甘い世界ではありません。これらを用いてプロに勝つことはできませんし、プロですら勝ち続けれられるとは思えません。FXを少しでもかじったことがある人は速報一つで、一気に流れが変わることを経験していると思います。

たいてい、コツコツ勝ってドカンとやられるパターンに持って行かれます。勝ち続けられる確率はゼロではないでしょうが、少なくとも僕はテクニカルでは勝ち続けることはできませんでした。FXを投資として扱うならば、相場がどちらに動いても粛々と利益を積み重ねていくようなスタイルの方がよいと思います。どうしてもチャレンジしてみたいという方は、再起不能にならない範囲の資金にしておいて下さい。

取引停止リスク

過去にはアイスランドの通貨であるアイスランドクローナで取引することができました。しかし2008年の金融危機で取引停止となり、ポジションを抱えていた人達は強制決済となりました。含み損のポジションを持っていた人達はそのまま資金を失うことになったのです。通貨の格付けをチェックして、デフォルトリスクがあるような、投資不適格級の通貨には手を出さないようにして下さい。

スワップ反転リスク

高金利通貨で取引をしていれば、持っているポジションに対して毎日スワップ益がはいってきます。頻繁な売買取引を行わずスワップ益を受け取るだけにFXを利用するという方法もあります。但し、2国間の金利差によって発生していますから、取引通貨の金利が逆転してしまうと、毎日スワップを支払わなければならない状態になります。

そして最も注意しなければならないこと【超重要】

FXで最も危険なことは何か知っていますか?10倍のレバレッジをかけること!とかギャンブラー的な考えは横に置いておいて下さい。投機ではなく、投資としてです。

緻密な計算を行い、ポジションの割り振りを決め、ロスカットレートを把握し、年間の利益を想定していてもどうしようもないことがあります。

想定できない大暴落だと思いますか?

いいえ、違います。大暴落を想定して過去最悪の水準よりもさらに下回る想定のもとに計算して粛々とトレード益を積み重ねて行くスタイルなら、暴落が来ても含み損が増えるだけで負けようがないんです。

じゃあ何が危険なのかって?

FX相場に長年居続けていた人なら何度か経験しているはずです。

そう。国が取引ルールを変更してくることです。

緻密な計算をしているのに、ある日突然取引業者から、

『ルールを変更します。国の方針です。お客様の資産を守るためです。』

・・・。

あるんです。実際に何度も。

税金の変更なら何とか受け入れることも出来ますが、ロスカットレートの変更なんてたまったものではありませんよね。これでヤラれた人も少なからずいるんじゃないでしょうか。

なので、ロスカットレートや保証金維持率は必ず余裕をもって見ておいて下さい。

おわりに

FXは使い方しだいです。やり方しだいでは博打にもなりますし、外貨投資としての分散投資にもなります。しっかりとリスク管理を行い資産を形成していきましょう。

1000通貨単位で取引できるマネーパートナーズがお薦めの一つです。

青色0.3銭

それでは。
とーちゃんにまかせとけ。

www.goodfrontier.com

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援クリックお願いします