むかしばなし【友に捧げるバラード】

子供の頃、いつもK君と遊んでいました。

隣のクラスの悪ガキ5人が因縁をつけてきても、

K君と一緒なら相手の人数が多かろうが2人で立ち向かいました。

K君は面白くて、相棒ってゆーか、僕を引っ張ってくれる存在。

K君は必殺技の名前をつけるのが好きで、K君が

『トルネードなんだい』

と言えば、僕は相手に竜巻きの如く飛びかかり連携プレーで相手を倒します(小学生の話しです)。

僕の偏ったボキャブラリーはK君の影響が大きいです。

中学で抗争があったときもK君がいれば大丈夫。

対グループ戦でのタイマン勝負の時も負ける気がしない、って感じ。

僕はその時、グループの大将でしたが指揮っていたのはK君でした。

あ、ヤンキーじゃないですよ。大人しいグループは因縁をつけられ安くて大変だったんです。

振りかかる火の粉をはらっていただけ。

そして僕は病気になり長期の入院。

K君は一人になりました。

あとになって、K君のお母さんから、金タロー君がいてくれたらあんなことにはならなかったのに、と言われました。

僕と一緒にいなかった期間に学校には行かなくなり、暴走族とトラブルになったりして地元を離れ大変だったようです。

僕にとってK君が大きな存在だったように、K君にとっては僕が大きな存在だったようです。

その後、僕は退院することが出来、幾年の月日が流れ、10代の後半くらいから、またK君と遊ぶようになりました。

二十歳の頃は、土曜の夜になると高速のパーキングエリアに行くのが通例になっていました。
いろんな車が集まっている所があるんです。
今もあるんだろうか?

K君のグループもチームの名前がありました。超ダサい名前の。

僕はグループの構成員ではないけど、助手席でK君の付き添いです。

先輩方もいい人ばかりで、何か、モテない男の集団って感じでした(笑)

人が大勢いるとK君はあまり本音を言わないけど、車の中で2人になるとK君はよく喋るんです。

深夜、電飾や水槽が奇麗な車の中で、ある時、僕にこう言いました。

K君『生きてていいことなんてあるんかなぁ。』

K君『俺の前から、もういなくならないでくれよ。』

僕も大変だったけど、K君もいろいろ大変だったので、心に闇のようなものがありました。

そして僕はとても器の小さな人間でした。

ちょっとした事があって、彼の前から姿を消しました。

そこまで深く考えていたわけではありません。

いつでも元に戻れると思っていたのです。

親友なんだから、と。

再開することもないまま、あっというまに月日は流れていきました。

40歳になっても50歳になっても、どれほど間があいても、会えばまた仲良くやれるって思いこんでいました。

部屋にはK君の写真が壁にありました。

だから離れてる気がしませんでした。勝手に。

怒ってるのかな、って気にはなっていたけど。

そして、ある日、人づてに聞きました。

『K君?死んだやん。』

K君はとび職でした。4階から落ちたそうです。

あの元気なK君が、自分より先に逝くなんて思っていませんでした。

後悔の念でいっぱいになりました。

俺の前からいなくなるな、って言ってくれる人間なんて、そんなにいるもんじゃないです。

それを知ったときの感情はとても複雑でした。

僕は人生の時間というものを甘くみていました。

一日一日が大切で、大事な人はいつまでもいるとは限らないんだと。

働きたくない【不労所得年間100万円を達成した投資マインドはこちら】

仕事辞めたい【配当金生活を得て辛い仕事からサヨナラしよう】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください