可愛い動物の癒し画像一覧【写真付で犬や猫等の種類を紹介】

可愛い猫(スコティッシュフォールド)

猫

猫の豆知識

スコティッシュフォールドはイギリスのスコットランドに起源を有する猫で、穏やかでのんびりとした性格です。比較的、他の猫よりも人懐っこく甘えん坊で遊び好きです。愛らしく非常に癒されます。ネギやタマネギ、ニンニク、ラッキョウなどといった食べ物は猫や犬にとっては極めて有毒とされているので飼う際には気をつけましょう。

可愛いゴリラ

ゴリラ02

ゴリラの豆知識

体長は約 1.5~1.8m、体重はオスが150~180kg、メスは80~100キkg程度あります。ゴリラが胸をたたく『ドラミング』と呼ばれる行動は、相手を威嚇する行為ではなく自分の居場所を知らせたり相手と仲良くしようという意味が込められています。ゴリラは見た目とは異なり温和な性格なのです。霊長目オランウータン科で、マウンテンゴリラ、ニシローランドゴリラ、ヒガシローランドゴリラ 3種が存在し、動物園で飼育されているほとんどはニシローランドゴリラです。

可愛いパンダ(ジャイアントパンダ)

パンダ

パンダの豆知識

主食は竹ですが、魚や小動物を食べることもあります。愛らしい外見とは裏腹にクマ科動物として気性の荒い一面も併せ持っています。2015年に中国政府が発表した野生のジャイアントパンダの推定個体数は約1,800頭になっており世界で僅かしか生息していません。絶滅危惧種として保護をしなければならないほど数が減っています。ジャイアントパンダの姿を見ることが出来なくなる日は近いかもしれません。

可愛いゾウ

ゾウ

ゾウの豆知識

ゾウは人間には聞こえない低周波音で会話していると言われています。しかし鳴き声を発すれば、最大では110デジベル(自動車のクラクション程度の音量)を超える大音量を出すことができ、さらには時速40kmの早さで走る事も可能です。高い知能を持っており、好意的な人間には優しく接する反面、危害を加えたり敵と判断した者に対しては非常に攻撃的になる一面を備えています。

可愛いナマケモノ

ナマケモノ

ナマケモノの豆知識

ナマケモノはの移動速度は時速900メートル程度とされ、最も動きの動作の遅い哺乳類であると言われています。体長は約40~70cm。1日15~18時間を樹上で逆さにぶら下がって眠ります。一日に8gほどの植物しか摂取しません。そのため、排便と排尿は週に1回程度を木から下りて行います。しかし、地面や水中では腹ばいになり、泳ぎがうまく、水の中では早い動きをします。

可愛いカピバラ

カピパラ

カピバラの豆知識

体長は約100 ~ 130cm。和名はオニテンジクネズミ(鬼天竺鼠)。草食動物で、水中や水辺にあるイネ科の植物などを食べます。穏やかな性格で人になつくためペットとして飼われることもあります。通常は20頭ぐらいの群れで生活しており、捕食動物から身を隠すために5分以上もの潜水を行ったり、鼻先だけを水上に出して眠ることもあるそうです。

可愛いインパラ

インパラ

インパラの豆知識

体長は約110 ~ 160cm。カモシカの様ですがウシ科の動物です。雄には角があり跳躍力が強いことが特徴です。跳躍は高さ3メートル、幅は9~10m程度をジャンプをすることが出来ます。走る速度も時速60kmと速く、最大では時速90キロメートルを超すとも言われています。朝と夜に草や木の葉などを食べる草食動物です。

可愛い犬(チワワ)

チワワ

チワワの豆知識

メキシコ産の愛玩犬で、犬の中で最も小さい超小型犬です。そのため日本の小さな住環境で飼うには非常に適しています。誰に対しても愛想良く振る舞う性質ではありません。飼い主に対しての愛情が深い反面、やきもち焼きな性格です。警戒心が強く初対面の者にはよく吠えます。他の犬とも仲良くせずに排他的で協調性の無い一面を見せますが、番犬としての役目をこなせる忠実で勇敢な犬種です。

可愛いウミガメ

ウミガメ

ウミガメの豆知識

基本的には生涯を海中で過ごします。魚が行うエラ呼吸ではなく、肺呼吸をする爬虫類なので、たまに海面に上がって息継ぎをしなければなりません。ウミガメが陸地に表れるのは産卵のためのみであり、メスは一度の産卵で100個ほどのピンポン玉の様な卵を、年に数回に分けて産みます。産卵の際に『涙を流す』と言われているのは、涙腺から体内に溜まった塩分を排出して調節しているのであって、悲しくて泣いている訳ではありません。

可愛いウサギ

うさぎ

ウサギの豆知識

ウサギは寂しいと死んでしまうという事をよく聞く事がありますが、これはウサギが非常に暑さ等の環境の変化に弱いことや、病気に対する抵抗力に乏しいことから来ています。飼育する場合は、草食性なので高カロリーなものには気を付ける必要があり、餌を一日与えないだけでも大きな負担になると言われているので注意が必要です。また、日本から見た月面の模様が、餅つきをするウサギの様に見える事から、ウサギが月に棲むという説話が多く存在しています。

可愛いカバ

カバ

カバの豆知識

平均的なカバの体長は3~4m、体重は1.5~3トン程度ですが、大きな雄では体長が5m以上で体重は4トンを超える場合もあります。見た目はおっとりしている様に見えても、体格の割に陸上では時速30km以上で走ることが出来、実は非常に獰猛で、ワニやライオンを攻撃することさえあります。個体数が減っている絶滅危惧種でもあります。

可愛いポニー

ポニー

ポニーの豆知識

ポニーとは肩までの高さが147cm以下の小さな馬の総称です(14ハンド2インチ=14.2ハンド=約147cm)。特定の品種名ではありません。馬のタイプの一つです。サラブレッドは人を乗せて時速50~70kmで走る事が出来ますが、ポニーも人を乗せて時速40km程度で走ることが可能です。人を乗せていない状態では、サラブレッドは時速85km程度とされており、それよりも速いクオーターホースは時速90km程度で走ります。

可愛いリャマ(ラマ)

リャマ

リャマ(ラマ)の豆知識

リャマはラクダ科の動物で、ラマ、ヤマとも呼ばれます。ラクダやアルパカに似ていますが、体高約1.2~2.5mで体重は70~200kgと、ラクダに比べると小柄です。全身が毛で覆われています。また、背中にコブが無い事から、コブナシラクダとも呼ばれ、性格はおとなしく人に慣れやすいという特徴を持っています。

可愛いライオン

ライオン

ライオンの豆知識

ネコ科の動物で、雄は体長2.6〜3.3mです。食性は肉食で哺乳類を狩ります。小型・中型の動物を相手にする狩りではメスが集団で行いオスは参加しません。ライオンの子供の生存率は二年で二割以下と言われ、ほとんどの子供が死んでしまいます。また、プライドと呼ばれる集団(オスが1~2頭で、メスが5~6頭)を形成して生活していますが、プライドのオスは別のライオンに戦いを挑まれて敗れると全てを奪われてしまいます。いずれは若い元気なライオンに負ける運命の過酷な生涯です。

可愛いレッサーパンダ

レッサーパンダ

レッサーパンダの豆知識

以前はアライグマ科に属していましたが、現在はレッサーパンダ科に分類される動物です。体長は50~60センチメートル。タケやタケノコ、小型哺乳類なども食べる雑食性です。レッサーパンダは周囲の様子を伺う時や相手を威嚇する時に直立することがあり、千葉市動物公園で飼育されている風太君の姿で有名になりました。

可愛いシマウマ

シマウマ

シマウマの豆知識

白と黒の縞模様があり外見はロバに近く、鳴き声も馬とは大きな違いがあります。シマウマは英語でゼブラと言い、ゼブラ模様やゼブラゾーンと言うのはこのシマウマからきています。時速65km程度で走ることが出来ますが、骨格が強くは無いので人を背に乗せて走るということは厳しく、他の馬と違って気性が荒くて人には懐かないため、家畜化も難しいとされています。

可愛いリス

アカリス

リスの豆知識

雑食で、種子、果実、キノコ、昆虫、小動物など様々なものを食べます。また、食べ物を巣穴に貯めたり土に埋めたりして貯蔵する性質を持っています。シマリス属やジリスは、頬の内側に柔軟性がある頬袋を持っていて、そこへたくさんの食物を入れて運ぶことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください