格安スマホは楽天モバイルがおすすめ【10年後には車が買えるよ】

 

金タローです。

スマホは大手3社を利用していますか?格安スマホ(MVNO)にしていますか?大手は高いし、今時はみんなももう格安スマホを使っていますよね?

と、思っていたら、まだまだ格安スマホの普及率は高くはないようです。

格安スマホのシェアは1割程度

総務省が2018年12月21日に発表した「電気通信サービスの契約数およびシェアに関する四半期データ」によれば、携帯電話の契約数は1億7,307万。対してMVNOサービスの契約数は1,988万となっています。格安スマホであるMVNOを利用している割合は11.3%となり、わずか1割程度にすぎません。

格安スマホへの移行が進まない理由としてあげられるのは、実店舗が少なくトラブルが起こった時の対応に不安がある。キャリアメールがなくなる。通信速度が遅くなる。などが考えられます。

でもそれ、値段に見合った価値があるサービスでしょうか?格安スマホでもメールはできるし、LINEも使える。WIFI環境があればそれに接続できるので、ヘビーユーザーでも無い限りそれほどデータ容量は必要ありません。

楽天モバイルの例

楽天モバイル料金表

例えば格安スマホの楽天モバイルであれば、通話SIMのデータ3GBプランでも1600円(税別)程度になっているので、大手3社で月に8,000円程度を使用しているとするならば、月額で約6,400円の差です。年間で76,800円となり、家族2人なら年間15万円の差が生まれます。

これを10年続ければ150万円ですから、車が買えてしまう程の金額になってしまいます。スマホが壊れたとしても、新品に替えることが簡単にできてしまう値差ですよ。あまりにも大きすぎませんか。

YモバイルやUQモバイルなど、他にも色んな所がありますが、僕は楽天モバイルを利用しています。僕が購入する時に端末代も凄く安かったからです。最初は安くても3年後からは値段が変わってしまうプランもありますので、気にいった端末とのトータルでお得な所を探してみて下さい。

格安スマホと言っても使用する端末はちゃんとした有名メーカーのものですからね。

まとめ(複利の力と損失)

ちなみに投資家目線で考えると、年間15万円を年4%の配当株で運用していたとすれば10年後の損失は150万円ではなく、約190万円です。この価値に見合う内容であると考えるかどうかですね。

変更が手間だから、というだけの理由だけで大手を利用し続けているのであれば、長期的なことを考えて一度検討されてみてはいかがでしょうか。本当に車代くらいになっちゃいますよ。

それでは。

とーちゃんにまかせとけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください