金タローの脱サラ世界投資

脱サラを目指して高配当戦略(株、REIT、ETF、FX)で資産を運用中

投資におけるキャッシュの比率

金タローです。
お金に働いてもらうために投資をしなければと考えたとき、あなたはどのくらいの現金を残しておきますか? 僕は20代の頃から、フルインベストメントは避け、少し余裕をみておく投資スタイルでした。 その余裕資金がなければFX(外国為替証拠金取引)でほとんどの資産を失っていたことでしょう。

当時、マッハでお金持ちになりたかった僕は、レバレッジをかけFXをしていた所、あのリーマンショックの大暴落の影響に襲われたのです。 500万円を元手にドルを4~5千万円分買っており、たった数日で何百万円という含み損が発生。

追証をかけなければロスカットという事態に陥りました。 その時、500万円を失わずに済んだのは、数百万のキャッシュを温存していたからです。 顔面蒼白になる中、あわてて追加入金し、早く反映してくれと取引会社に電話(当時はリアルタイムで即反映される環境ではありませんでした。)。

ポジションを売りでとり、なんとかロスカットを防ぎました。 それからはひたすら含み損を解消するための日々でしたが、あの時ロスカットされていたら、相場に何年も復帰できずに、今でも少額投資に終わっていたでしょう。

この経験から、キャッシュポジションは何かあった時に救ってくれるので、非常に大切だと言わせて頂きます。 そこで、今の自分ならこうする、ということを考えてみました。

考える

生活資金は引いておく

資金を全額投資してはいけない

あなたに1000万円のお金があり、運用しようとしているとします。 その時、1000万円全てを運用してはなりません。ダメ、絶対。

1年分の生活費を引いておいて下さい。

投資においても生活においても、常にリスクを想定し、負けない投資を心がける必要があります。

明日、体調を崩さない保証はありません。自分自身が持つリスクです。 明日、所属している会社に何かあるかもしれません。自分ではどうしようもない外的リスクです。

資金を眠らせておくことは、非効率に思えるかもしれませんが、 常に冷静な判断を保ち、想定外の事態に備えるために、1年間の生活費は投資用資金に含めず除外しておいてください。

比率じゃなく絶対値で考えて

ここで重要なのはパーセンテージで考え割り振るのではなく、確実に1年間の生活資金は除いておく、 ということです。 生活費には様々な出費を考慮しておいて下さい。

例えば、退職して無職になったとします。初年度の健康保険の金額は倍増します(会社との折半がなくなるため)。住民税などの各種税金も容赦なく襲ってきます。あっというまに何十万円という出費がのしかかってきます。

家の設備が壊れるかもしれません。家族の誰かが病気になるかもしれません。ありとあらゆるリスクを想定しておいて下さい。20代独身で実家暮らしならあまり必要ないでしょうし、 住宅ローンを抱えた家庭もちなら、結構な額が必要になるでしょう。

では、1年分の生活費を仮に300万円とすると、

1000万円ある人は、700万円が投資に使える資金です。
3000万円ある人は、2700万円が投資に使える資金です。

全体の○○%を残しておけ、ということではありません。 絶対値として生活費を引きます。 この場合、全資産が1000万円ある人は30%を残しておくことになりますし、 3000万円ある人は10%を残しておくことになります。

資金力によって、割合が異なるということです。

ストップ!フルインベストメント

700万円を投資用資金として割り振ったときに、700万円の金融商品を買うのではなく、 必ず、さらに余裕資金を残しておいて下さい。

株もFXも半減する

ウォーレンバフェットは、株価が半減することに耐えられないなら、株を買うべきではないと 言っています。 これはかなり優しく言ってくれている方で、いくつかのチャートに目を通して頂ければわかると思いますが、 株価なんて3分の1や4分の1になることは当たり前のようにおこります。

株価が4分の1になったとき、余裕のない人は気が気ではいられなくなります。資産の大半を失った状態に陥った時、人は冷静な判断力を失い、少しでも戻したときに売りたいという気持ちに駆られます。

そして損切りを仕掛け、大きな損失を確定します。

巷では損切りのルールを決めろ、とよく目にしますが、そんなルールを決めたくらいで毎回勝てるようになるなら、その情報はいろいろな所で出回っているはずですし、皆が大金持ちになっているはずです。勝てる損切りのルールなんて存在しないのです。

長期投資において経済成長している国では基本的に損切りは必要ではありません(キャピタルゲイン狙いの成長株などに投資していない限り。)。 長期投資においては年単位で腰をすえて待てば、株価は戻ってくることが多いです(もう一度言いますが、成長株を狙って高値づかみした場合は除きます。)。

指をくわえて見ているの?

株が暴落したときに役に立つのが、残しておいたキャッシュです。 経済には周期的な波があります。長期に相場にいれば必ず遭遇するでしょう。

最初に配当利回りが5%の会社の株を100株100万円で買ったとします。 その株が3分の1に下落した場合、 同じ100万円で300株も買うことができるわけです。 その株がもとの値に戻れば、キャピタルゲインとしての損失はなく、配当利回り10%の株を手にしていることになります。

暴落相場はチャンス相場です。株価が低迷しているときも配当を受け取り続け、割安になった株を買い続ければいいのです。永続する株を選定し、長期的視野で投資して保有すれば、大きなリターンをもたらしてくれます。

金タロー式現金比率の考え方

資金力によって異なる

例えば、投資資金500万円で、月々の入金力が50万円の人が30%も現金を残しておく必要がありますか? 答えはNoです。投資資金が少ないうちで、強い入金力を持っているのなら、何かあってもすぐにリカバリーできるので、10%残しておけば十分です。

では、10億円の投資資金がある人はどうでしょうか。 ここまでくると、月々の収入からくる入金力など、何のリカバリー力にもなりません。 これだけの資金力のある人が30%の3億円も資金を眠らせておく必要がありますか? 答えはNoです。暴落しても十分な配当を得ることができるからです。

また、別の角度から考えてみると、株価が半減したときに、全てのポジションに同じ株数のアクションを起こしたい人は50%の現金が必要になります。4分の1まで耐えられるメンタリティーを持っているならば、25%の現金があればよい訳です。さらに買い増しをする銘柄を半分に設定しているなら13%になります。

投資資金500万円の場合の例

月々50万円も投資にまわせるような人はキャッシュポジションを残す必要性は低くなりますし、月々数万円しか投資にまわせない環境の人は、現金を多く残しておかなければなりません。

月々の入金力 投資資金 現金
弱 10万円未満 325(65%) 175(35%)
強 50万円以上 400(80%) 100(20%)

入金力(リカバリー力)の弱い人でも35%のキャッシュがあれば、全ての株価が半減した時に、 全ての銘柄の同株数を買い増すことができます。 入金力の高い人は、資金を温存しておく必要はなく現金を残して機会損失を被る必要はないと考えます。

投資資金3000万円の場合の例

額が大きくなると入金のリカバリー力の影響はほとんどなくなります。

リスク許容度 投資資金 現金
半減 2000(67%) 1000(33%)
4分の1 2400(80%) 600(20%)

このように自分のバックグラウンドと設定値によって決定すればよいのです。 僕の場合は半減を覚悟していて、優待銘柄や投機的な新興系はフォローせず、半分程度の買い増しを考えているので、17%あればよい、ということになります。

終わりに

いかがでしょうか。

キャッシュポジションは何も生み出さず、右肩あがりの相場においては役に立ちません。 しかしそれがあれば、想定外の事態に陥ったときに冷静な判断力を保ち、暴落相場を楽しむことすらできるでしょう。

また、実際に暴落が起きたときに、キャッシュポジション全てで買い増しにいく、ということはできないと思います。 まだまだ株価が落ちるのではないか、という恐怖心があるからです。そのままさらに半減ということも十分起こりえることなのでこの気持ちを持つことは正しいことです。

そのため暴落時のチャンス相場でも、実際は段階を別けて投入していくことになります。 下落と反発を繰り返し、どこが底かなんて誰にもわかりません。自分が思っているほど、暴落相場では買いにいけない、ということです。 実際に投入できるのは、残していたキャッシュの半分くらいかもしれませんね。

投資家は臆病なくらいが丁度よいと思います。

それでは。

プレゼンテッドバイ金タロー

www.goodfrontier.com

www.goodfrontier.com