ブログ運営4ヶ月【60記事のPVは】

金タローです。

アドセンスに合格したことで、当ブログがだんだんと雑記化してきました。特化型ブログの方がカッコいいんですが、書きたい事を書くという方向に進んでいます。投資に関しては個別株について書こうと始めて、自分が他人の銘柄分析に興味がないことから、そういうことは他の人に任せようと思っていました。買った価格とか理由だけ公開していこうかなと。

でも、アドセンスに受かるために情報を増やさなければならないという事で入れました。こんなもの誰も見ないよ、自分が面白くないのにと思っていましたが、意外と自分の考えの整理になるな、という気持ちも芽生えてきました。

アドセンスの自動広告はたまに表示されているのですが、次の日には消えていたりと非常に不安定な状態です。反映されている時も、文脈のキリのいい所ではなく、バスンと思いっきり話しを断つような感じで放り込まれたりしているし。相当な気まぐれ屋さんみたいで、自動広告はあきらめた方がよさそうな感じもしています。

4ヶ月60記事のPV数

では、結果のグラフをご覧下さい!

グラフ

3ヶ月40記事の頃は平均値が約30アクセス(アナリティクスのPV数とほぼ一致)で、時に10を切るということもありました。

4ヶ月60記事となったここ一週間の平均値は約190アクセスです!

かなりバラつきが大きく、300を超えた日もあれば100を切る日もあります。平均30の頃から比べれば大分と増えました。

ただ、単純に比較できない所があって、検索流入が特段に増えたという訳ではなく(微増はしている)、この増加はブログ村というランキングサイトへの登録によるものが大きいです。登録してから数日間は新着ブログの欄に記載されていたので、ご祝儀相場の様なものもあったのかもしれません。さらに連続投稿しているということもあります。60記事になったから数倍になったということではなく、行動パターンが変わっており、約60%がブログ村からの流入になっています。

ブログ村への登録

調べた所、ブログ村に登録するデメリットは、せっかくきた読者がバナーから他へ飛び回遊率が下がるとありました。もともと大したアクセス数がないんだから、僕が心配するような事ではありません。カテゴリー違いかもしれないけれど、過疎ってる所に登録しても意味がないし、学ぶこともあるかなと考えて米国株ランキングに参加しました。

実際自分が登録すると、これまで以上に他人のブログを見てしまうようになりました。ついこの前まで平和にマイペースにブログを書いていたのに、凄く影響されているのがわかります。ブログ村の真のデメリットがわかりました。それは、自分をランキング上位の猛者達と比べてしまうこと。かなり疲れます。

ちなみにランキング100位くらいには誰でもなれるみたいです。一日一回だけは自己クリックでもポイントがつくので、それで100位以内に入りました。でも応援クリックしてくれた人もいます。自分以外のポイントがついているとわかった時は驚きでした。押してくれた人、本当にありがとう!

ブログ村に依存しすぎないように気をつけたい

ご祝儀相場とはいえ、アクセス数30がいきなり300とか来たもので、ここ一週間は気持ち的にブログ村への依存度が大でした。良くも悪くもです。検索流入を意識して長期的に持続するブログにしなければならないはずなのに、ブログ村でクリックされるタイトルってな~に~?なんな~ん?とかいう状態に。いけないいけない。

コメントをくれた人へ

コメントをくれた人がこの記事を見るとは限りませんが、この場を借りて御礼申し上げます。表示させてよいのか迷うものは非表示にさせてもらっていますが、ちゃんと読んでいます。ありがとうございます!今のところ誹謗中傷はありませんが、この先あるのかな。怖いな~。

収益が発生した

アドセンスに受かった時は何の感動もありませんでしたが、始めて収益が発生した時は結構うれしかったです。とは言ってもまだワンコイン以下ですが。調子に乗って周囲に言ったら、は?て顔されました。まぁそりゃあ大の大人がこの稼ぎじゃね。でも自分では、スタートラインに立てた!という気分です。

おわりに

早く100記事に到達して、次のステージにいけるのかを見てみたいです!凡人でも月一万PVって、いける気がしてきました。ただ普通の人よりは長い道のりになりそうです。

それでは 。
とーちゃんにまかせとけ。

働きたくない【不労所得年間100万円を達成した投資マインドはこちら】

仕事辞めたい【配当金生活を得て辛い仕事からサヨナラしよう】

www.goodfrontier.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください