資産運用状況!目指せ不労所得10万円【アセットアロケーション2019年5月末】

金タローです。

今年は日本株式が下落しており、利回りの高くなった銘柄が多くなっています。絶好の買い場の到来でしょうか。それともまだまだ大幅に下落する予兆にすぎないのか。それは誰にもわかりません。おかげ様で昨年のNISAで購入した銘柄のいくつかは大きな含み損となりました(泣)。

ただこれはデイトレーダーではない長期投資家は、誰しも受け入れるべき試練であると思います。

2019年5月の金融資産の状況

資産配分

  金額〔万〕
日本株式 397
外国株式 1,575
FX 500
REIT 70
ETF 10
投資信託 150
キャッシュ 730
 合計 3,432

金融商品合計 2,702 万円

※1 .キャッシュポジションに生活用資金は含んでいません。 
※2 .利確していない含み益・含み損は反映していません。

今月は、外国株式は購入せずに国内株式を増やしました。6月も日本株式の買い増しを行う予定です。

2018年の目標値であった商品合計の2,700万円に半年遅れで到達する事が出来ました。2019年の年末には3,000万円分を保有することを目指したいと思います。

不当所得月10万円を目指すためのタバコ銘柄達

僕のポートフォリオは配当株で構築されています。中でも多くのウエイトを占めているのがタバコ株。5月はJT(日本たばこ産業)を2,200円台で指値を入れて放置していましたが、約定はしませんでした。現在は2,400円台になっています。

しかし、過去に株主に卓越したリターンをもたらして来たタバコ銘柄のここ直近の株価は、JT(日本たばこ産業)、アルトリア、フィリップモリス、ブリティッシュアメリカンタバコ等、世界のタバコ株は軒並み下落しています。

日本では喫煙原則禁煙を定めた改正健康増進法が2020年4月に全面施行されます。「喫茶室ルノアール」を運営する銀座ルノアールは、これに対応して、直営店での紙巻きたばこの喫煙を禁止すると既に発表しました。学校や病院などが今年7月から屋内全面禁煙となり、飲食店などは2020年4月以降は一部の例外を除き原則禁煙となります。

また、29日には世界保健機関(WHO)が、受動喫煙が原因で年間100万人が死亡し、5歳未満の子供6万人以上が呼吸器感染症で犠牲になっていると発表しました。世界で喫煙や受動喫煙による死者は年間で800万人に達しているとしています。

配当利回りの高いタバコ株ですが、多くの訴訟と規制を抱えています。ポートフォリオの配分の熟考が必要です。

それでは。

とーちゃんにまかせとけ!

働きたくない【不労所得年間100万円を達成した投資マインドはこちら】

仕事辞めたい【配当金生活を得て辛い仕事からサヨナラしよう】


よかったらツイッターフォローして下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください