金タローの脱サラ世界投資

脱サラを目指して高配当戦略(株、REIT、ETF、FX)で資産を運用中

アメリカ株のゼネラルミルズ(GIS)を保有

ハーゲンダッツ

金タローです。

以前ハワイに行ったときに、お土産を買うために店をいろいろとまわっていると 23時になっていました。疲れてホテルへ帰る途中、休憩しようと目に入ったハーゲンダッツ専門店に入り、こんな時間でもやってるんだなぁと思いながらコーヒーフラッペを頼みました。7ドルでスモールサイズを注文したのに、さすがアメリカサイズ、というか、量が多いこと多いこと。

寝る前にこんな甘いものを大量に食してよいのか、という葛藤も 今となっては良い思い出です。

帰国してから職場で聞いてみると、ハーゲンダッツを買う人、結構いました。 普通のアイスクリームより高いのであまり売れていないのかと思いきや、 少し年齢が上のお金に余裕が出てきた人たちには人気のようです。 濃厚でおいしいもんね。

ちなみに僕は普段はスーパーカップです(スーパーカップも素晴らしいよ。コスパ最高。) 経済的に余裕がでてきたら、ハーゲンダッツも買わせて頂きます!

1. ゼネラルミルズの配当金

保有額

さて、僕はハーゲンダッツを提供するゼネラルミルズの株を 83 株保有しています。
購入総額は日本円にして約40万円となりました。

配当予測

1株 44ドルで購入しており、
1株当たりの配当予測が 1.99 ドルなので 配当利回りが 4.5%です。

年間の受け取り配当金の予測は、

税引き前 約 1.8 万円
税引き後 約 1.3 万円 程度になる予定です。

僕のポートフォリオにおける割合は、海外株式の3%を占めています。

2.ゼネラルミルズってどんな会社

概要

  • 従業員数 38000人

  • 時価総額 2.7兆円

ヨーグルト、シリアル、高級アイスクリーム(ハーゲンダッツ)など世界を股にかけ様々な食品を提供しています。日本で言うなら、明治のような会社です。

財務(業績と各種指標)

年度 2013 2014 2015 2016 2017 2018
売上高(万 17,774 17,910 17,630 16,563 15,620 15,740
当期利益(万 1,855 1,824 1,221 1,697 1,658 2,131
EPS(ドル) 2.9 2.83 2.02 2.83 2.82 2.79
PER(倍) 16.5 19.44 27.74 22.1 20.1 16.51
配当(ドル) 1.32 1.55 1.67 1.78 1.92 1.96
1株当り純資産 10.41 10.67 8.35 8.26 7.5 10.35
配当性向 46% 55% 83% 63% 68% 70%
ROE(%) 27.5% 27% 24% 34.3% 37.6% 27.0%

配当性向に余裕があります。

3.GISを何故買ったの?

生活必需品セクターであるディフェンシブ銘柄であること。 高いROE、高配当。
増配年数14年、それも数十年に渡り大幅な減配は無。
高配当戦略の長期投資派の僕には、この銘柄はスルーできません。

【配当推移】 配当の推移

4.バイアタックプライス of ゼネラルミルズ

【株価推移】 ゼネラルミルズの株価チャート

10年後の目標利回りを税引後4%、
増配率等を考慮した金タロー式計算術によると、

バイアタックプライスは 41.5ドルです。

ゼネラルミルズは2018年に米ペットフード大手のブルー・バッファロー・ペット・プロダクツを8500億円で買収しました。成長力のあるペットフード市場に新たな収益源を求めているためです。

小売店にとってアマゾンが脅威になっているように、食品業界にっとはプライベートブランドとの競争が避けられません。老舗と言えど、自社ブランドに奢りを持たず前に進む姿勢が必要です。

大型買収は株価の下落につながりますが、投資家は短期的なパフォーマンスに一喜一憂するのではなく、10年先を見据えて行動するほうがよいと思います。

それでは。
子供達よ、とーちゃんにまかせとけ!

www.goodfrontier.com