金タローの脱サラ世界投資

脱サラを目指して高配当戦略(株、REIT、ETF、FX)で資産を運用中

アメリカ株のAT&Tを保有しています

どうも、金タローです。

1年半ほど前はガラケーを使っていました。周囲のスマホへの薦めを無視し、わが道を進むべしと、ガラケーを頑なに使っていましたが、さすがに10年使ったことによって壊れてしまい、スマホになりました。

キャリアメールがなくなったことで最初は少し不便さを感じましたが、ネットは見れるし写真は綺麗だし、マイナスをはるかに上回るプラス要素の多さに、もっと早く変えていればよかったと思ったものでした。 もう生活にはかかせません。

AT&Tからの配当金

保有数

さて、僕はAT&Tの株を、246株保有しています。
購入総額は日本円にして90万円となりました。

利回り

配当利回りが 6%のため、年間の受け取り配当金の予測は
税引き前 約5.5万円
税引き後 約4万円 の予定です(正確には為替レートにより変動します。)。

ポートフォリオにおける割合は、海外株式の7%を占めているので、
他の株式を買い付けて、5%以下となる様、リバランスを行なっていきます。

AT&Tとは

概要

時価総額は約19兆円。
世界最大級の通信会社で、ベライゾンの競合です。
日本最大の通信会社であるNTTが約11兆円なので、倍の規模があります。

業績

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
当期利益(万) 18,418 6,442 13,345 12,976 29,450
EPS 3.43 1.24 2.37 2.1 1.49
PER 10.25 27.1 14.51 20.22 21.6
配当 1.8 1.84 1.88 1.92 1.96
1株当り純資産 17.4 17.3 20.0 20.1 22.9
配当性向 52% 148% 79% 91% 132%
ROE(%) 19.7% 7% 12% 10.5% 6.5%

2013年~17年の指標の平均値は
ROEは10%程度。
PERは18倍程度です。

配当性向 は若干高めで17年は100%を超えてしまいましたが、2018年は優良水域に落ち着きそうです。

購入理由と買増しの水準

通信セクターは設備費がかかり、成長性も低いと言われていますが、ディフェンシブ銘柄としての安定感はあります。 購入最大のポイントは、リーマンショック時にも高配当を続けた 増配銘柄であることです。

ATTの株価チャート

脱サラした場合、最も怖いのはリーマンショックなどの大暴落時に配当が打ち切られることです。
配当金で生活することを目標としていますので、それがなくなれば生死にかかわります。

周期的に起こる大暴落は誰も回避することはできません。それに持ちこたえるポートフォリオを構築することを大切にしています。

そのため、配当を維持する方針の銘柄は高めの比率で保有しています。

バイアタックプライスは38ドル以下です。

過去の配当履歴は未来を保証するものではないので、集中投資はしませんが、これまでの実績は信頼に値すると思います。
ガンバレ、AT&T!!

それでは。
子供達、とーちゃんにまかせとけ!